全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

鳥獣害を考える6 なぜハクビシン・アライグマは急にふえたの?

鳥獣害を考えるシリーズ6

書誌詳細情報

鳥獣害を考えるシリーズ6

鳥獣害を考える6 なぜハクビシン・アライグマは急にふえたの?

著者 古谷益朗 監修

定価 2,750円 (税込)

ISBNコード 9784540102646

発行日 2011/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 40ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

いまや農業や生態系に大きな被害を出しているアライグマとハクビシン。その被害の実態や知られざる生態、行動をビジュアルに描き、賢いつきあい方を子ども目線で描く。人気アニメの影響で輸入され、やがて捨てられて野生化したアライグマが引き起こした問題の大きさや、針金の上も自在に移動してしまうハクビシンのおどろきの能力、どちらも人間が出す生ゴミや放置された農産物をエサにして数が増えて被害が拡大してきた事実を分かりやすく解説しながら、わたしたちの生活のあり方や動物とのかかわり方を問い直す。

著者

■著者紹介
古谷益朗(ふるや ますお)
1958年埼玉県生まれ。埼玉県茶業試験場、川越農林事務所、農産振興課、子ども動物自然公園、東松山農林振興センター勤務を経て、現在、埼玉県農林総合研究センター鳥獣害防除担当。

目次

●ハクビシン・アライグマってどうな動物?
ハクビシンを知る
ハクビシンのおもしろ行動
アライグマを知る
アライグマのおもしろ行動

まちがえないで!ハクビシン・アライグマ

●ハクビシン・アライグマはなぜ害獣に?
ハクビシンとアライグマの関係
なぜハクビシン・アライグマがふえたの?

ハクビシンは在来生物、アライグマは外来生物

●こんな被害・あんな被害
農作物と生きものの被害
だれのしわざ?
家屋の被害

●わたしたちにできることは?
エサをあたえるようなことをしない
地域を見なおそう
なぜ害獣となってしまったのか考えよう
害獣と人間の知恵くらべ

解説(詳細)

■関連書籍
「ハクビシン・アライグマ」
「これならできる獣害対策」
「鳥獣被害―<むらの文化>からのアプローチ」
「DVD 暮らしを守る獣害対策シリーズ 全1枚」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る