全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

鳥獣害を考えるシリーズ 全6巻

書誌詳細情報

鳥獣害を考えるシリーズ 全6巻

著者 杉田昭栄 監修
江口祐輔 監修
井上雅央 監修
金森弘樹 監修
井上雅央 監修
古谷益朗 監修

定価 16,200円 (税込)

ISBNコード 9784540102585

発行日 2011/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A4変

在庫 あり

この本のジャンル

解説

全国で急増している鳥獣害。カラーの写真やイラストによって,鳥獣の習性や生態について理解を深めるとともに,単なる駆除ではない,被害を出さないための鳥獣とのつきあい方を考えるシリーズ。最近の被害の実態や驚きの生活のようすをビジュアルに解説しながら,鳥獣が増えた原因が大量の生ゴミや放置された農産物を生みだす人間にあるという事実,被害を減らすために私たちにできることを子どもの目線で提案する。シリーズは,カラス,イノシシ,シカ,サル,モグラ,ハクビシン・アライグマの全6巻。

著者

■著者紹介
カラス 杉田昭栄(宇都宮大学農学部)
イノシシ 江口祐輔(近畿中国四国農業研究センター)
シカ 井上雅央(近畿中国四国農業研究センター)・金森弘樹(島根県中山間地域研究センター)
サル 井上雅央
モグラ 井上雅央・秋山雅世(タイガー株)
ハクビシン・アライグマ 古谷益朗(埼玉県農林総合研究センター)

目次

<収録巻>
1.「人はなぜカラスとともだちになれないの?」
2.「イノシシはなぜ田畑に害をあたえるの?」
3.「かわいい目のシカが害獣ってどうして?」
4.「人はサルと共存できるの?できないの?」
5.「モグラがトンネルをほるとどうなるの?」
6.「なぜハクビシン・アライグマは急にふえたの?」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る