全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

熊楠の森-神島

書誌詳細情報

熊楠の森-神島

著者 後藤伸
玉井済夫
中瀬喜陽

定価 2,160円 (税込)

ISBNコード 9784540101649

発行日 2011/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 202ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

熊楠が必死に守った神島の原生林は、古くから漁師が大切にしてきた魚つき林だった。その後の厳重な保護にもかかわらず、わずか半世紀で森が壊滅した謎を解き、森の原形、森と生きる先人の知恵、熊楠の真意に迫る。

著者

■著者紹介
後藤伸(ごとう・しん)1929年生まれ。紀南の生態系の解明・保全に尽力した在野の生物学者。2003年没。第13回南方熊楠賞特別賞受賞

玉井済夫(たまい・すみお)1938年生まれ。大塔山系、神島などの調査に参画し、天神崎保全運動の中心人物

中瀬喜陽(なかせ・ひさはる)1933年生まれ。南方熊楠顕彰館館長。著書に『覚書南方熊楠』など多数。

目次

●1.いのちの森を守る熊楠の闘い
1.魚つき林とは何か
2.明治の神殺し、神社合祀
3.熊楠と神の森、神島

●2.熊楠から半世紀-神島の変貌
1.神島と照葉樹林
2.森の原形を探る
3.神の森はなぜ激変したのか
4.神島の森を特徴づける植物たち

●3.予期せぬ異変-ウ糞害との闘い
1.ウの大群の襲来
2.大量の糞で島はどうなったか
3.かすかな光明-自然の自己回復力
4.ほかの島でも深刻な糞害

●4.台風で壊滅した神島-真因を探る
1.一度の台風で甚大な被害
2.台風被害を拡大させた条件
3.過ちを繰り返さないために

おわりに
<資料>神島の調査報告
関連年表
参考文献
初出一覧

解説(詳細)

■関連書籍
「システムとしての<森-川-海>」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る