全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

玉川上水 武蔵野ふしぎ散歩

狭山丘陵から新宿まで7コース

書誌詳細情報

玉川上水 武蔵野ふしぎ散歩

狭山丘陵から新宿まで7コース

著者 福田恵一

定価 1,836円 (税込)

ISBNコード 9784540101632

発行日 2011/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 132ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

玉川上水が崖を登る姿を見たり、台地に隠された尾根や谷を発見したりして、身の回りの武蔵野の「ふしぎ」を読み解く旅に出よう。そのときのコースガイドとして、本書は役立つだろう。東京(都市)に生まれ、育つだけでは、ただ「便利な都市的生活」をしているだけ。「地域」とか「ふるさと」を実感できない。身の回りのさまざまなモノ・コト、そして人と出会うなかで、自分にとっての「ふしぎ」を発見するとき、仕事や生活で日常を過ごしている町がステキに見えるようになってくる。その過程から、自分の「ふるさと」が生まれてくる。

著者

■著者紹介
福田恵一(ふくだ けいいち) 1977(昭和52)年より、昭島、八王子、羽村、調布、三鷹の中学校に勤務し、現在、小平市立小平第三中学校の教諭(社会科)。『食農教育』に「中学生と気軽にムリせず、フィールドワーク」を連載。

目次

武蔵野のふしぎを巡る旅
一章 武蔵野はどこから拓けたのか?―谷戸田を歩く(狭山丘陵)
二章 目の前の多摩川の水は使えるか?―多摩川沿いの田んぼを歩く(根搦前田んぼ)
三章 上水が崖をのぼるって、本当?―玉川上水取水口付近を歩く(羽村取水堰〜田村分水)
四章 武蔵野に分水嶺がある!?―水路が残る分水を歩く(熊川分水)
五章 なぜ深大寺そば≠ネのか?―崖線を歩く(調布・深大寺周辺)
六章 路地が水路に見えてくるふしぎ―品川分水・牟礼分水を歩く(三鷹周辺)
七章 新宿から四ッ谷へ尾根が走る!―玉川上水の終点をめざして歩く(新宿・副都心〜四ッ谷)

風土≠フふしぎを発見するコツのコツ
一章 日常の風景が違って見えるふしぎ
二章 人との出会いから広がる世界
三章 地域情報の窓口=博物館・資料館を活用する

解説(詳細)

■関連書籍
「新 東京の自然水」
「多摩川はつらいよ」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る