全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

地域の再生12 場の教育 ★在庫僅少

シリーズ地域の再生12
「土地に根ざす学び」の水脈

書誌詳細情報

シリーズ地域の再生12

地域の再生12 場の教育 ★在庫僅少

「土地に根ざす学び」の水脈

著者 岩崎正弥
高野孝子

定価 2,808円 (税込)

ISBNコード 9784540092251

発行日 2010/08

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 288ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本の明治以来の主流の公教育は「土地を捨てる教育」として展開してきたが、歴史的には、地下水脈のごとく、「土地に根ざす学び」の動きがあった。石川三四郎や大西伍一などの土の教育運動、郷土教育運動、賀川豊彦の農村福音学校や「立体農業論」、江渡狄嶺や三澤勝衛の思想を現代的視点で再検討する。いままた、地元学の動きが全国に起こるなかで、その実践に学びつつ、その土地固有の知恵や文化に依拠しながら、国家主義にからめとられない、開かれた「場の教育」の可能性を考える。

著者

■著者紹介
岩崎正弥(いわさき・まさや)静岡県生まれ。京大院修了(農学博士)。愛知大学経済学部教授。研究テーマは地域づくり論、戦後日本社会史、農本思想。『農本主義の社会史』(京大学術出版会)ほか。
高野孝子(たかの・たかこ)新潟県生まれ。早大院修了。女性冒険家。野外・環境教育活動家。ECOPLUS代表理事。早稲田大学WAVOC客員准教授。

目次

第1部 場の教育の可能性
序章 いま地域と教育を問い直す
第1章 多様な地域を相互承認する
 1 自立を強要される地域
 2 多様な地域のすがた
 3 愛知県東三河の都市・農村山村関係史
 4 共依存から相互依存の地域関係へ
第2章 土地に根ざした教育の歴史に学ぶ
 1 土地に根ざした教育運動
 2 土の教育運動―自律と連帯を求めて―
 3 郷土教育運動―いま・ここを掘り下げる地域学の源流―
 4 デンマーク型教育運動
 5 地域と教育の場―江渡狄嶺の思想―
 6 土地に根ざした教育の現代性
第3章 場の教育が希望を創る
1 地域を希望の空間に変える
 2 場の教育とは何か
 3 多数のプレイヤーが地域を育てる―場の教育の応用としての地域そだて―

第U部 場の教育の実践
 第1章 学びの場としての農山漁村
 第2章 TAPPO「南魚沼やまとくらしの学校」の誕生
 第3章 TAPPOの活動
 第4章 まとめ:地域づくりに大切なもの

解説(詳細)

■関連書籍
「三澤勝衛著作集 風土の発見と創造 全4巻」

コメント

在庫僅少本のため品切れになる場合がございます。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る