全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

地域の再生9 地域農業の再生と農地制度 

シリーズ地域の再生9
日本社会の礎=むらと農地を守るために

書誌詳細情報

シリーズ地域の再生9

地域の再生9 地域農業の再生と農地制度 

日本社会の礎=むらと農地を守るために

著者 原田純孝 編著

定価 2,808円 (税込)

ISBNコード 9784540092220

発行日 2011/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 336ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

2009年6月、農地貸借を自由化する農地法の大改正が行われ、さらに所有権取得の自由化にまで議論をすすめている。しかし、法人企業等の参入が地域や農業再生の打ち出の小槌であるはずはない。いま必要なのは、地域に根差し、地域の将来に対して責任をもつ地域農業の担い手をどう確保するかである。農地制度は、そこに向かう地域の努力を阻害するものであってはならない。本書は農地制度と利用の変遷と現状を押さえた上で、各地で地域農業の維持と再生に向けて実際に行われている多様な取組を紹介しつつ農地利用、保全・管理のありようを展望

著者

■著者紹介
原田純孝(中央大教授)、島本富夫(元農水省農業総合研究所所長)。橋詰 登(農水省農林水産政策研究所主任研究官)安藤光義(東大准教授)田代洋一(大妻女子大教授)鈴木龍也(龍谷大教授)岩崎由美子(福島大教授)楜澤能生(早大教授)中村正俊(山形県農業会議)緒方賢一(高知大准教授)高橋寿一(横国大教授)谷脇修(前会議所事務局長)

目次

第1部  農地制度および農地利用の変化と今後
第1章 戦後農地制度の改正経緯とその効果・影響   島本富夫   
第2章 農地制度「改革」とそのゆくえ        原田純孝
第3章 農地の所有・利用構造の変化と地域性     橋詰 登  
第4章 農地保有の変容と耕作放棄地・不在地主問題  安藤光義

第2部  地域農業再生の担い手と農地利用の課題
第5章 土地利用型農業の担い手像          田代洋一
第6章 中山間地域地における地域の危機と農業の危機 鈴木龍也
――西日本の事例から             
第7章 女性農業者からみた農業経営と農地所有    岩崎由美子 
第8章 株式会社参入問題の経緯と現状        谷脇修 

第3部  むらの共同と農地の保全・管理
第9章  むらと農地制度              楜沢能生
第10章 改正農地法の運用と農業委員会の現実的課題  緒方賢一   
――山形・高知県の実態を踏まえて――    中村 正俊           
第11章   改正農地法と転用規制の課題  高橋寿一  
――農地の利用規制における国と自治体と地域
                                
記録資料 「中野和仁先生に聞く――昭和45年農地法改正をめぐって」

解説(詳細)

■関連書籍
「農業法研究45号 改正農地法の地域的運用」
「農業法研究44号 いま農地制度に問われるもの」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る