全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ロシアのごはん

絵本 世界の食事

書誌詳細情報

絵本 世界の食事

ロシアのごはん

著者 銀城康子
山本正子

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784540091759

発行日 2009/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB判 32ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

ビーツを使った赤い料理、夏の家庭菜園ダーチャの楽しみ、冬のための保存食作り、暖炉を利用した壺焼きなど、寒さ厳しい国の食。

著者

■著者紹介
銀城康子(きんじょう やすこ):1956年青森県生まれ。管理栄養士。2年半フランスに滞在し、フランス在住日本人の食生活調査、フランス各地の日常食調査を行なう。帰国後も非常勤講師や執筆活動をしながら、世界各地の日常食調査を続けている。
山本正子(やまもと まさこ):千葉県生まれ。イラストレーター

目次

1.朝ごはんはしっかり食べます
2.順番に食べるのがロシア式です
3.おやつの後は、少し軽めの晩ごはんです
4.暖炉で煮るスープ料理が発達しました
5.パン生地料理が豊富です
6.台所の様子を覗いてみると
7.一週間の料理です
8.別荘での野菜づくりが夏の楽しみです
9.保存食づくりで大忙しです
10.お客さんは大歓迎します
11.マナーを守って気持ちよく食事します
12.季節の料理があります
13.地域によって料理が違います
14.ロシアのごはんをつくってみましょう(ニンジンのサラダ/ボルシチ/ブリヌイ)
15.もう少しロシアのごはんの話

解説(詳細)

■シリーズ
「世界の食事」

■関連書籍
「世界の食文化 19 ロシア」
「世界の食文化20 極北」
「ロシアの農業・食料事情/1993農政研究センター国際部会リポート」
「ソ連邦崩壊に伴うロシア農業の変革過程/1996農政研究センター国際部会リポート」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る