全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

かまきりとしましまあおむし

わくわくいきものおはなしえほん

書誌詳細情報

わくわくいきものおはなしえほん

かまきりとしましまあおむし

著者 澤口たまみ
降矢なな

定価 1,404円 (税込)

ISBNコード 9784540091148

発行日 2014/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A4変 32ページ

在庫 あり

この本のジャンル

著者

澤口たまみ(さわぐち・たまみ)
岩手県生まれ。エッセイ集『虫のつぶやき聞こえたよ』(白水社・第38回日本エッセイストクラブ賞受賞)。絵本に『みつけたよ さわったよ にわのむし』(福音館)など。

降矢なな(ふりや・なな)東京生まれ。絵本に『めっきらもっきらどおんどん』(福音館)ほか多数。スロバキア在住。

解説(詳細)

ニンジンの花に住むカマキリのところに、10匹のシマシマアオムシが押しかけてきた。アオムシに葉や花を食べつくされたカマキリはしぶしぶヒマワリに移り住むがアオムシが気になって仕方がない。ある日、ニンジンの花を訪ねたカマキリは枯れ葉のようなものを見つけたが―。
「虫の代弁者」を自認する澤口たまみさんが、幼児向けの自然観察会などの経験を生かし、虫や生き物を擬人化するのではなく、自然界に出てくる生き物が「生き物としての領分」を守りつつ主人公になる、それでいて子どもが感情移入できる新しいタイプの物語絵本。絵は降矢ななさん。

■チラシはこちら(PDF)

読者カード

■4歳の子がたくさんある絵本の中から、この本を選びました。にんじんの葉や花がこんな物なのだということも、あおむしがこんなに沢山食べることも、かまきりとあおむしの関係も…少しずつ学んでいるようです。親しみやすい絵も素敵ですね。(東京都51歳)

今日の一押し本

追悼かこさとしさん
あそびの大事典

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る