全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

田んぼの生きものたち ホタル

田んぼの生きものたち

書誌詳細情報

田んぼの生きものたち

田んぼの生きものたち ホタル

著者 大場信義 文・写真

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784540082344

発行日 2010/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB 56ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

ヘイケボタルはなぜ減ってしまったのか、ゲンジボタルと対比しながら、ホタルの1年の暮らしを二百数十枚のカラー写真で解説。種類や地域によって異なる点滅発光によるラブコールのパターン、水のない田んぼで生き延びるヘイケボタルの幼虫、上陸し土まゆの中で蛹となり羽化し、何も食べずに生殖行動に専念し、死んでいくホタル。田んぼを生息の場としてきたヘイケボタルは、今、田んぼの水環境の悪化などにより急減している。日本に生息する陸生ボタルも紹介しながら。最新の飼育方法から、ホタルを復活させる対策をわかりやすく解説。

著者

■著者紹介
大場信義(おおば のぶよし) 1945年神奈川県鎌倉市生まれ。元横須賀市博物館学芸員、現在、大場蛍研究所所長、横須賀市自然・人文博物館研究員、横須賀市長井海の手公園ソレイユの丘ホタル館顧問、全国ホタル研究会名誉会長。主な著書:『ホタルのコミュニケーション』東海大学出版会、『ゲンジボタル』文一総合出版、等

目次

1.ほう ほう ほたる こい
2.春の小川で上陸を待つゲンジボタル
3.春の田んぼで目覚めるヘイケボタルの幼虫
4.ヘイケボタルは好き嫌いがない
5.獲物に麻酔をかけ、肉を溶かして食べる
6.ゲンジもヘイケも幼虫は水陸両用
7.土手や畦に上陸する幼虫
8.土まゆをつくって蛹となる
9.土まゆのなかで羽化するホタル
10.幼虫の寿命はわずか1週間ほど
11.光の点滅はホタルの求愛シグナル
12.環境によって飛行・点滅が変わるヘイケボタル
13.交尾と産卵
14.光と悪臭で外敵から身を守るホタル
15.卵からふ化する小さな幼虫
16.幼虫も悪臭を放ち身を守る
17.幼虫は脱皮して大きくなる
18.ヘイケボタルの幼虫の試練
19.ヘイケボタルはなぜ少なくなってしまったのか
20.ヘイケボタルの保護活動
21.ホタルを増やすための飼育法
22.東アジアにすむ水生ボタル
23.日本の陸生ボタル

資料編
1.昔から人に愛されてきたホタル
2.ホタルの観察のしかた
3.ホタルの飼育繁殖法

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る