全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

信州ながの 食の風土記

未来に伝えたい 昭和の食

書誌詳細情報

信州ながの 食の風土記

未来に伝えたい 昭和の食

著者 長野県農村文化協会

定価 2,160円 (税込)

ISBNコード 9784540081903

発行日 2013/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 288ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

県都長野市の食文化は、川と山がおり成す地形と風土、そして善光寺門前町の文化を背景にして、町場・平場・山手の相互交流によって形成されてきた。千曲川と犀川が合流する肥沃な土壌は米麦二毛作を可能とし、全国有数の粉食文化をつくり上げ、隣接する村々では急峻な山坂の畑を耕し、麦・大豆・雑穀を軸に長寿の食文化をつくってきた。季節折々に得られるさまざまな食材を調理・加工し、みんなで同じものを共に食する「あたり前の食べ事」の世界を、昭和初期と30年代を軸に描き出す。

著者

長野県農村文化協会
食を中心とした農村文化の伝承を手がかりに、食農教育や地域づくり、都市農村交流などに取り組む。「ふるさとの家」連絡会事務局として、子どもたちや都市民にを対象に農業・生活体験ができる場として自宅を開放する「ふるさとの家」を推進するほか、「ひらがな料理普及隊」を編成し、箱膳を使った子どもたちへの食育活動などに力を入れている。

目次

T 昭和三十年代の長野市-風土と食
1.ふるさと長野市の自然
2.長野市の6地域とその特徴
3.食生活と農業の変化

U 昭和三十年代の各地域の食と暮らし
1.善光寺平と隣接山間地域
(1)平坦地・長野平の食と暮らし
(2)平坦地・豊野の食と暮らし
(2)山間地・芋井の食と暮らし
(3)山間地・鬼無里の食と暮らし
(4)山間・戸隠の食と暮らし
2.川中島平と隣接参観地域
(1)平坦地・川中島平の食と暮らし
(2)山間地・大岡の食と暮らし
3.西山地域
西山の食と暮らし
4.千曲川右岸地域
松代の食と暮らし
【コラム】勤労者世帯の食生活の変化

V 昭和初期の日々の基本食
1.お米
2.小麦・大麦
3.大豆・小豆・ささぎ豆
4.調味料
5.漬物

W 昭和初期の四季の暮らしと食生活
1.冬の暮らしと食生活
2.春の暮らしと食生活
3.夏の暮らしと食生活
4.秋の暮らしと食生活
5.季節素材の利用法
@野菜・山菜
A魚貝・海草・肉・卵・昆虫
B果物類・おやつ
C特産

X 昭和初期の年中行事と食
(食暦12ヶ月)
1.冬の行事と食
2.春の行事と食
3.夏の行事と食
4.秋の行事と食
5.代表的な行事食

Y 未来に伝えたいこと、残したいこと
1.食文化伝承―子どもたちに伝えたいこと
2.四季の変化に寄り添い、「旬」をいただく
3.学生に託す食文化の継承
4.食の文化 古里の誇りが人を呼ぶ

おわりに

解説(詳細)

【関連書籍】
「信州いいやま 暮らしの風土記」
「信州いいづな 食の風土記」
「長野の食事」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る