全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書219 従軍看護婦が見た病院船・ヒロシマ

人間選書
ある養護教諭の原体験

書誌詳細情報

人間選書

人間選書219 従軍看護婦が見た病院船・ヒロシマ

ある養護教諭の原体験

著者 守屋ミサ
全国養護教諭サークル協議会

定価 1,749円 (税込)

ISBNコード 9784540980305

発行日 1998/07

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 232頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

従軍看護婦として、北から南へ22次にわたる病院船での傷病兵看護、広島での原爆の被曝と救護活動などの戦争体験を糧に、戦後、民主的な養護教諭のサークル「芽を育てる会」の中心メンバーとして活躍し、現在の「全養サ」誕生のさきがけとなった著者の回想記。 中国、朝鮮、台湾、フィリピン、シンガポール、ソロモン、ラバウルなど太平洋戦争激戦地の傷病兵を内地へ帰還させる仕事は、死と隣りあわせの過酷な体験だった。その体験を日記、報告書の控えなどをもとに克明かつ客観的に綴り、第一級のノンフィクションになっている。。

解説(詳細)

第1章 佐渡が島に生まれて
第2章 日赤救護看護婦養成所の三年間
第3章 直談判して召集令状を得る
第4章 あめりか丸病院船日記
補章 国際赤十字条約と病院船
第5章 白鳥のごとき病院船
第6章 北へ南へ病院船は行く
第7章 最後の航海、ラバウルへ
第8章 転属、召集解除、再び応召広島へ
第9章 原爆と土石流の二重災害からの帰還
第10章 養護教諭への道

■著者紹介
守屋ミサ 大正10(1921)年、佐渡の金沢村(現金井町)生まれ。昭和16年、日本赤十字長岡病院救護看護婦養成所を卒業し、16年10月から22年まで日赤救護班として3回応召し、病院船や自らも原爆に被災した広島の陸軍病院などに勤務。戦後は養護教諭となり、現在の民主的養護教諭のサークル「全養サ」誕生のさきがけとなった。

コメント

★在庫僅少(多少のキズ・色やけがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る