全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書218 システムとしての<森-川-海>

人間選書
魚付林の視点から

書誌詳細情報

人間選書

人間選書218 システムとしての<森-川-海>

魚付林の視点から

著者 長崎福三

定価 2,043円 (税込)

ISBNコード 9784540980244

発行日 1998/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 226頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

駿河湾、富山湾など、良い漁場には植物プランクトンを豊富に含む良い水が流れ込み、その上流には豊かな森林があった。江戸時代の人々は魚付保安林の育成にみられるように、地域の森・川・海をひとつのシステムとしてとらえ、管理していた。そのしくみは、明治以降、近代的な殖産興業政策、国有林化などによって急速にくずれ、ばらばらに管理されるようになっていく。漁民による植林活動など、近年見直されてきた海と森の結びつきを実証的に解明し、地域の合意にもとずく森・川・海の新たな管理と利用の方法を大胆に提言する。

解説(詳細)

序 システムとしての<森-川-海>

T いのちをつなぐ水
0.0001パーセントの河川水
海の成分を調節する海洋生物
よい漁場には酸素・炭酸ガスが多い
海洋生物に必要なミネラルは山からくる
日本の水資源と治水思想
黒部のダムと沿岸漁業

U 森はいのちの泉
人口の増加と森の後退
明治以前の人と森とのつきあいに学ぶ
多彩な森林の役割
ブナは森林の母

V 森が生み育んだ漁場
海に流れこむ真水と漁場
地中海-「紺青の地中海」は貧栄養の証拠
駿河湾・遠州灘-イワシのシラスとサクラエビは川の水が育む
オホーツク海-アムール河が生んだ流氷がプランクトンを増やす
北海道のホタテガイ漁場-川が集まる「ベンベ」が好漁場
サケとウナギ-産卵と成長に欠かせない淡水圏
青森県鰺ヶ沢-白神山地のブナ林伐採が与えた漁場被害
厚岸湖-ベカンベウシ川上流の森が消えてカキも消えた
屋久島のあたり-「森の島」が産卵場を生み出す

W 森と海を結ぶ魚付林
明治以降衰退した魚付林
魚付林の分布と樹種
森と魚-魚付林の効用

X 森が消えてニシンも消えた
消えたニシンの謎を追う
マイワシの周期変動とは違う
磯焼けはニシンを消したか

Y <森-川-海>を管理する新しいシステムを求めて
森・川・海の管理主体はだれか
利用者と所有者が切り離されて荒廃した森
森の公益的機能を守る
新しい河川管理の方向
漁業に残る「総有」の思想
再び流域主導の管理に
海の人の手で山を緑に

■著者紹介
長崎福三(ながさき・ふくぞう) 1926年東京生まれ。東大農学部卒。農学博士。日本鯨類研究所顧問。「くじら博士」の異名を持つ。漁業にとどまらず、海洋資源・環境問題から魚食文化まで広い視野と洒な語り口で人気。国際海洋シンポジウム’97(日本財団主催)基調講演者。著書『狭い海』(UP選書)、『肉食文化と魚食文化』 (農文協)

コメント

★多少のキズ・色やけがございます、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る