全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本農書全集47 特産3 蚕飼養法記・製茶図解・他

日本農書全集(第II期)47 特産3

書誌詳細情報

日本農書全集(第II期)47 特産3

日本農書全集47 特産3 蚕飼養法記・製茶図解・他

著者 野本道玄 他著
浪川健治 他解題

定価 5,966円 (税込)

ISBNコード 9784540970016

発行日 1997/04

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 316頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本の近代化の基礎は生糸・茶などの海外貿易によって築かれた。日本の国力は、各藩の「特産」物の育成によって培われた。それら特産物は各藩の経済立て直し政策のなかでいかに開花していったかを明らかにする。

解説(詳細)

●「蚕飼養法記」野本道玄
従来、蚕業で重要な位置を占めたことがない津軽で生まれた、わが国最古の養蚕書。繭の買入れや組織を行なう津軽藩「織会所」の技術者、つまり領内を巡回して農民たちを直接指導した織物師たちが伝えた養蚕技術の集大成。(翻刻・現代語訳 浪川健治)

●「養蚕規範」石黒千尋
越中五箇山、飛騨白川郷、加賀白山麓という草深い山村で、寒暖計による温度管理など養蚕先進地に劣らない技術水準にあった、幕末期北陸地方の養蚕・製糸業の実態。蚕種問屋の著書を加賀藩士の国学者がまとめ直したもの。(翻刻・現代語訳 松村敏)

●「蚕茶楮書」竹川竹斎
有力な伊勢商人で、地域社会の振興をはかった事業家でもある著者が、在所の村人を督励して広大な園を開墾した。それを背景に、桑・茶・こうぞをつくる利益、仕立て方、取り木・挿し木のやり方、実生での育て方を説く。(翻刻・現代語訳 上野利三)

●「製茶図解」彦根藩
豊富な図で最新の技術をわかりやすく――。彦根藩が開国後の主要輸出品として領内に奨励するために刊行。栽培編と加工編に分かれ、採種から樹の生育と分植まで、摘葉から二番茶・玉露の製法、輸送まで、全般にわたる。(翻刻・現代語訳 粕渕宏昭)

●「樹芸愚意」岡嶋正義
天保飢饉による疲弊から未だ癒えない鳥取藩の知行地に、ころび(油桐)・はぜ・うるしなど商品作物の植樹を奨励した記録で、いわば特産品による村おこし、農村復興策の事例報告。新しい林業を模索するうえで参考になる。(翻刻・現代語訳 坂本敬司)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る