全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本農法史研究 ★在庫なし

畑と田の再結合のために

書誌詳細情報

日本農法史研究 ★在庫なし

畑と田の再結合のために

著者 徳永光俊

定価 6,480円 (税込)

ISBNコード 9784540961366

発行日 1997/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 334頁

在庫 なし

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

改良・普及・受容をくり返しながら地域固有の農耕を築き上げてきた農民たちの農耕創造のドラマ。

目次

序章 大和農法の見方
1.日本農法史をめぐる研究史
2.本書の視角と構成

第一章 大和農法にみる作りまわし
第一節 二毛作農法から田畑輪換農法へ
1.大和農法の鍵である蚕豆
2.綿作の導入

第二節 中稲と綿の田畑輪換農法
1.田畑輪換農法の展開
2.田畑輪換の作りまわし
3.田畑輪換農法の衰退

第三節 晩稲神力と麦の二毛作農法
1.作りまわしの概観
2.中稲から晩稲神力へ
3.農事記録からみた作りまわし

第四節 晩稲旭と西瓜・蔬菜の田畑輪換農法

第二章 大和農法にみる作りならし
第一節 土地生産性の展開
1.中稲と綿の田畑輪換農法
2.米麦二毛作農法から晩稲旭と西瓜・蔬菜の田畑輪換農法へ
3.「奈良段階」と平準化

第二節 労働生産性の展開
1.中稲と綿の田畑輪換農法
2.米麦二毛作農法から晩稲旭と西瓜・蔬菜の田畑輪換農法へ

第三章 大和農法の形成と展開
第一節 土地基盤の整備
1.請堤をめぐる村の動き
2.佐保川の改修工事と村落の成立
3.治水のための村の努力
4.耕地と水利

第二節 村明細帳にみる大和農法の形成
1.田畑輪換の成立過程
2.すすむ多肥化
3.作期と品種の変化

第三節 山本家農書にみる大和農法の展開
1.「百姓の道」と畿内農業
2.化政期の百姓と労働管理
3.深耕めざす大和農法

第四節 作りまわしと耕地ブロック
1.田畑輪換農法と耕地ブロック
2.田畑輪換の衰退と村秩序
3.一・二毛作農法と耕地ブロック
4.農業経営と耕地ブロック

第五節 老農群による大和農法の改良と普及
1.老農中村直三と鴻田忠三郎の活躍
2.老農群の組織化
3.農談会と農事改良運動
4.大和農法の体系化と普及

第四章 大和農法の改良と受容
第一節 外来農法との接触
1.地方農政による外来農法の押しつけ
2.老農群の広がりと活動
3.老農野口小成の活躍
補論 京都府における在地農法の改良
1.在地農法と外来農法の接触
2.「南山農事会雑誌」にみる農事改良運動

第二節 稲品種の変化
1.在地中品種の優勢
2.晩稲神力の普及
3.晩稲神力の評価

第三節 農試・農会の学理農法
1.明治後期の中稲へのこだわり
2.大正期の晩稲神力への転換
3.作りまわしの研究

第四節 篤農群による大和農法の改良
1.農会の活動と農民たち
2.学理農法を受容する篤農群の誕生
3.大和農法の改良

第五節 多数農民の改良農法の受容
1.土地基盤の整備
2.多肥化と平準化
3.「奈良県風俗誌」にみる大和農法

終章 大和農法の構造と展開
1.大和農法の法(のり)
2.大和農法の作り手たち

コメント

★重版予定ありません

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る