全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書199 食の原理 農の原理

人間選書199

書誌詳細情報

人間選書199

人間選書199 食の原理 農の原理

著者 原田津

定価 1,540円 (税込)

ISBNコード 9784540961298

発行日 1997/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 216頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「食生活」ではなく「食べごと」の意味を考える。食生活というと生活全体から食を切り取った感じになり栄養とか健康とかいう機能の話になる。食べごと(食べ事)は食生活も住生活もあそびも労働も全部を溶け込んでいる。その広がりから食と農の原理を考える。

解説(詳細)

序章 農と食は同じ原理を持つ

1章 広がる「食べごと」ちぢこまる「食生活」
豊かな「食べごと」の世界
食べごとの原イメージ
食卓を荒廃する惣菜の料理化
からだが信号を送らなくなったとき
一九八五年「食べごと」風情

2章 つくることと食べること
この40年の食と農
なぜ旬はなくなったか
「産直」についての昔の議論、今の議論

3章 農から食へ発信する
感覚がリクツに負けた食生活
国際化から考え始めない
一九九三年大凶作
作って食べて余ったら売る

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る