全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本農書全集58 漁業1 松前産物大概鑑・能登国採魚図絵・他

日本農書全集(第II期)58 漁業1

書誌詳細情報

日本農書全集(第II期)58 漁業1

日本農書全集58 漁業1 松前産物大概鑑・能登国採魚図絵・他

著者 伊藤康宏

定価 6,685円 (税込)

ISBNコード 9784540950049

発行日 1995/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 440頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

近世の漁業は、干鰯やにしん粕などの魚肥使用の増大、消費都市の需要の増大などにより飛躍的に発展した。蝦夷地の海産物の流通実態、九十九里浜のいわし網漁の伝来、西海の捕鯨の実際など、基本資料5点を収録。

解説(詳細)

●「松前産物大概鑑」村山伝兵衛
蝦夷地きっての豪商であった村山伝兵衛が松前奉行の要請によって書き上げたもの。蝦夷地でとれる56種の海産物の形状・加工法・値段などが克明に記され、当時の流通実態がわかる基本史料。(翻刻・現代語訳 田島佳也)

●「関東鰯網来由記」著者未詳
鰯網漁が紀州から関東へ海路伝来されたこと、房総の鰯網によって生産された干鰯を売りさばく干鰯問屋組合などの成立事情、そして全国へ販売されるようになる経緯が述べられている。(翻刻・現代語訳 高橋覚)

●「能登国採魚図絵」北村穀実
能登国で行なわれていた釣漁・網漁など17の漁法と、網の規模や経費、網のつくり方など漁業経営に関する事柄とが絵図入りで描かれている。海に生きた浦方の村むらの暮らしが偲ばれる。(翻刻・現代語訳 濱岡伸也)

●「安下浦年中行事」中務貞右衛門
周防5立浦の一つ「安下浦」におけるいろいろな漁法を月を追って述べている。当時の漁法、干鰯の製法、漁民の活動域、漁業慣行などがよくわかる。著者は庄屋で、領主層へ書き上げたもの。(翻刻・現代語訳 定兼学)

●「小川嶋鯨鯢合戦」豊秋亭里遊
肥前唐津領呼子浦を本拠地とした鯨組・中尾甚六の小川嶋における捕鯨を合戦に見立て、図絵を多用して描いたもの。勇壮活発な捕鯨の推移が、躍動感あふれる軍記物の口調で表現されている。(翻刻・現代語訳 田島佳也)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る