全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

奈良盆地の水土史 ★在庫切れ

書誌詳細情報

奈良盆地の水土史 ★在庫切れ

著者 宮本誠

定価 7,340円 (税込)

ISBNコード 9784540941009

発行日 1994/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 312頁

在庫 なし

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

人間は水や大地をどう利用してきたか。最も古くから開けた奈良盆地を舞台に古代から現代までを通観する。大地に投入された人間の営為としての水土施設を、現代の視点で新たな社会資本にすることを主張。

目次

●序章 土地に投下された人間の営為
一 蓄積された水と土地利用の知恵
二 田畑輪換作業はいつ成立したか-溜池を手がかりに

●第一章 古代・中世の水利構造と農業
一 水田農耕の成立
二 日本最初の区画整理=条里制
三 十二世紀前後の河川付け替え
四 集村化の要因と様相
五 治水・利水施設の出現
六 水田一毛作安定化の過程

●第二章 溜池の築造と田畑輪換の成立
一 溜池灌漑の成立
二 水田二毛作の普及に伴う農法の変化
三 田畑輪換農法の要としての水
四 田畑輪換農法のしくみ

●第三章 近・現代の水利構造と田畑輪換の展開
一 新しい水源の開発
二 田畑輪換のメカニズム

●第四章 都市化による資源利用システムの変容
一 いびつな農地移動
二 開発がもたらした出水
三 問題解決にならない流域下水道

●第五章 土地と水利用の再編課題
一 奈良盆地の土地利用と農業の変革過程
二 水利施設からみた再編課題-溜池と川水の結合
三 これからの農地の管理と利用

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る