全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

奈良の食事

日本の食生活全集29

書誌詳細情報

日本の食生活全集29

奈良の食事

著者 藤本幸平 他編

定価 2,983円 (税込)

ISBNコード 9784540920035

発行日 1992/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 376頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

青丹よしといわれた奈良の都、法隆寺を仰ぐ斑鳩の里から山深い吉野・十津川郷まで、その歴史・民俗・食べ物を古老からの聞き書きと写真で記録。東大寺の結解(けっけ)料理など、各地の寺社料理も紹介。

解説(詳細)

奈良盆地の食−茶がゆで明ける「国のまほろば」大和の朝
斑鳩の里の食−水田裏作のえんどうが潤す、塔のある柿の里
葛城山麓「竹内」の食−峠の清水がおいしい米を育む街道沿いの村
大和高原の食−秋きゅうり、トマトも育つ茶畑に、摘みこさんが散り茶の香が満ちる
奥宇陀の食−炭焼き、養蚕の力のもとは伊勢の魚と麦茶がゆ
吉野川流域の食−黒潮の香りを運ぶ塩さばが吉野の里の祭りの主役
十津川郷の食−熊野を結ぶ峡谷を筏が下り、つぼ切りさえれが遡る
古都奈良の宗教風土と味
人の一生と食べもの
奈良の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る