全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

大分の食事

日本の食生活全集44

書誌詳細情報

日本の食生活全集44

大分の食事

著者 波多野道義 他編

定価 3,038円 (税込)

ISBNコード 9784540920011

発行日 1992/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 384頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

豊後・大分は、その名のとおり「豊の国」。県内各地には名物料理が目白押し。大分市の「ほうちょう」、豊後水道沿岸の「さつま」「かまぼこ」、竹田の頭料理、臼杵の黄飯、きらすま飯、日田盆地のがめ煮……。

解説(詳細)

大分市近郊の食−洪水常襲地にも育つ桑と麦が頼りの養蚕の里
豊後水道沿岸の食−黒潮にいわしを追っていりこづくりで稼ぐ浦々
祖母・傾山麓の食−しいたけが香る山里で味わうししの骨汁、鹿肉の味噌漬け
くじゅう高原の食−「とうきび食い」に徹する旧街道筋の暮らし
日田盆地の食−日田杉の林業が栄え、川漁盛んな水郷の街
宇佐平野の食−八幡信仰開花の土地に県下一の五穀が実る
国東半島の食−実り少なく祈りは強く仏教文化の息づく山河
「豊の国」大分に育った名物料理
人の一生と食べもの
大分の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る