全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書163 地域の未来と子どもの未来

人間選書
離島教育の実践の中から

書誌詳細情報

人間選書

人間選書163 地域の未来と子どもの未来

離島教育の実践の中から

著者 服部晃夫

定価 1,697円 (税込)

ISBNコード 9784540911170

発行日 1992/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 220頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

三河湾に浮かぶ人口540人の小さな島。子どもたちへの進路(進学)指導が、島の過疎化に拍車をかけているのではと悩んだ教師たちが、島の問題を見つめ、その対策を考えることで生きる力を切り開く教育をめざす。

解説(詳細)

第1章 進路指導は子どもと島の板ばさみ-島の教育の困難と可能性
1.減り続ける子どもたち
2.衰退とたたかう島の現実
3.島の子どもの性格と生活

第2章 「板ばさみ」を超えて
1.「島を思う心」と進路
2.「島を思う心」を育む
3.「生き方としての進路」を選ぶ
4.取り戻そう「島の子ども」のたくましさ

第3章 「生き方」と「島を思う心」を結ぶ-「新しい佐久島の教育」構想と授業の実践
1.「新しい佐久島の教育」構想
2.「新しい島の教育」への授業の試み
(1)生き方を探求する授業実践
(2)島を理解し、島を思う心を育てる授業実践

終章 子どもたちは何を学んだか
1.それぞれと、「抱負」のその後
2.「抱負」が培う「生活を切り開く力」
3.島の未来と自分の進路

コメント

★在庫僅少のため品切れになる場合がございます(カバーに多少のキズ・色やけなどがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る