全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

佐賀の食事

日本の食生活全集41

書誌詳細情報

日本の食生活全集41

佐賀の食事

著者 原田角郎 他編

定価 3,038円 (税込)

ISBNコード 9784540910043

発行日 1991/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 384頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

稲作と茶と磁器発祥の地佐賀は、クリーク農業の地。佐賀平野の米とクリークの魚が食の基本。玄界灘と有明海という二つの海からは対馬暖流と干潟の恵みが四季の食膳をにぎわす。

解説(詳細)

佐賀平野「クリーク地帯」の食−満々と水をたたえた堀が田畑を潤し、魚を育む
有明海沿岸の食−春の干潟にむつごろう、夏の筑後川にえつの群れ
脊振山地の食−栄西禅師が伝えた茶をもみ、林業で栄える村
玄界灘沿岸の食−回遊魚や瀬魚に網をかけ、潮吹くくじらを追う男たちの海
カトリックの島 馬渡島の食−感謝の祈りとともに食すやぎ肉、潮豆腐
有田「焼きものの里」の食−有田焼継承の技を生み出す「食い道楽」
多良山麓の食−米換え、麦換えして魚を得る、緑あふれる豊足りの村
佐賀の歴史風土と食事
人の一生と食べもの
佐賀の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る