全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

宮崎の食事

日本の食生活全集45

書誌詳細情報

日本の食生活全集45

宮崎の食事

著者 田中熊雄 他編

定価 3,038円 (税込)

ISBNコード 9784540901010

発行日 1991/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 384頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

伝説に彩られた山深き里、古来「日向の国」と呼ばれた太陽の国・宮崎。焼き畑の村に、陽光そそぐ平野に、霧島のぞむシラスの台地に、黒磯洗う浜に、なつかしい食と暮らしをたずねた南国の食の記録。

解説(詳細)

高千穂の食−八百万の神々とともに味わう峡谷の糧
延岡の食−川面がまぶしい延岡平野、あゆの背ごしで夏到来
米良山地の食−切干し一升が米一升と交換できる糸巻大根
宮崎平野の食−太陽と豊かな水が育んだからいも、野菜の味
霧島北麓の食−田の神さあに見守られて働き、ねったくりでひと休み
都城盆地の食−黒ぼく土の育む豊かな野菜、かしわの刺身で行事を祝う
日南の食−せり市のはねもんの魚にも黒潮の味
人の一生と食べもの
宮崎の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る