全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

岐阜の食事

日本の食生活全集21

書誌詳細情報

日本の食生活全集21

岐阜の食事

著者 森基子 他編

定価 3,038円 (税込)

ISBNコード 9784540900044

発行日 1990/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 384頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

飛騨は山の恵み、美濃は川の恵み豊かな国。米と繭の国だが、雑穀や山菜、木の実も大切な食糧。味噌・漬物・どぶろくなど発酵食品がよく発達している。山・川の恵みを受けた八つの地区の暮らしと食を収録。

解説(詳細)

古川盆地「国府」の食−年取りのぶりと白飯がなによりのごっつぉう
飛騨白川の食−貴重な米をどぶろくにして神と共食の白川祭り
飛騨高冷地「朝日」の食−乗鞍、御嶽の麓に息づくわらびの里
恵那平坦「東野」の食−お蚕さんの売り上げで米中心の潤う暮らし
恵那山間「串原」の食−養蚕とこんにゃくづくりに生きる藩制期から一村のままの里
美濃「御嶽」の食−中仙道の通う山里に伊勢の魚の押しずし
奥揖斐「徳山」の食−米を補う雑穀といも類、そしてあまりある樹木の恵み
南濃輪中の食−県下随一の水田地帯はふな、こい、なまずの故郷
長良川鵜飼の食−塩焼き、あゆずし、伝統漁でとるあゆの味
人の一生と食べもの
岐阜の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る