全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本の食生活全集4 宮城の食事

日本の食生活全集4

書誌詳細情報

日本の食生活全集4

日本の食生活全集4 宮城の食事

著者 竹内利美 他編

定価 2,983円 (税込)

ISBNコード 9784540890062

発行日 1990/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 384頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

米どころ宮城は旧伊達藩以来の米どころで、もちの多彩な食べ方を誇る。三陸海岸では四季いろいろな魚貝がとれ、浜の人たちだけでなく、内陸の人々の食膳もにぎわす。

解説(詳細)

仙北・大崎耕土の食-水あり、米あり、もちが三国一のごっつぉう
仙南・亘理平地の食-「赤水」には悩まされても米、麦、野菜はふんだんに
三陸南海岸の食-太平洋の波に洗われた、がぜ、ほや、あわびの味
北上丘陵の食-沢田の米を、雑穀と山の幸で食いのばす
船形山麓の食-屋敷内に引きこんだ清流を煮炊きや飲み水に
阿武隈丘陵の食-なんぼ食べてもうまいもち、腹を満たす鳥獣の肉
仙台市街地の食-手づくりのひらめのかまぼこが仙台の味
人の一生と食べもの
宮城の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る