全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

対立的防除から調和的防除へ

自然と科学技術シリーズ
その可能性を探る

書誌詳細情報

自然と科学技術シリーズ

対立的防除から調和的防除へ

その可能性を探る

著者 高橋史樹

定価 1,676円 (税込)

ISBNコード 9784540881244

発行日 1989/02

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 188頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

自然農法や焼畑の原理に学び、田畑の生物群集の構造と変化のしくみから近代農法での反復防除の不可避性、農薬が害虫をふやすリサージェンスの必然性を洗いだし、害虫や天敵でもない「ただの虫」に着目し無農薬への道。

目次

序章 害虫観・生物観の貧困
1.米の収量上昇の中の不安
2.生物群集構造という視点の欠如
3.教科書にみる害虫観の一面性

第1章 「殺す防除」の限界
1.根強い殺す防除の思想
2.殺虫剤を大量使用しても害虫は撲滅できない
3.天敵不在で害虫はどうなるか
4.天敵を殺さない防除法ならよいか

第2章 そもそも害虫とは何か
1.害虫の経済的被害水準(EIL)
2.生物学的、生態学的な被害許容水準(BIL)
3.昆虫と天敵の共進化
4.昆虫が害虫になるとき

第3章 調和的防除の可能性
1.害虫の密度変動のパターン
2.害虫密度の変動と調節のしくみ
3.なぜ反復防除が必要になるか
4.害虫-天敵関係の時空間的構造
5.カギをにぎる「ただの虫」

第4章 調和的農業の創造にむけて
1.農業と生態系
2.近代農業技術がまねく砂漠化
3.発想の拠点としての自然農法、焼畑
4.自然界の摂理に従う農業とは?

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る