全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書130 この国は恐ろしい国

人間選書130
もう一つの老後

書誌詳細情報

人間選書130

人間選書130 この国は恐ろしい国

もう一つの老後

著者 関千枝子

定価 1,405円 (税込)

ISBNコード 9784540880711

発行日 1988/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 208頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

一億総"豊か"幻想の中で易々と老人医療・年金などの福祉民営化がすすめられ、福祉を買えない「弱者」は餓死・子殺しにさえ追いつめられる。「貧困の女性化」を鋭くルポルタージュ。

目次

<豊かな国の底辺を行く>
第1章 もう一つの老後
底辺の所得層=未婚・離別の母子世帯
ある母子家庭の暮らし-家計簿から

第2章 「子殺し」に母親を追いつめた低賃金長時間労働(宇都宮)
「親のエゴ」でかたづける「普通の人々」
この国に「貧困」は存在しないか?
「枠組み」からはみ出したことの「負い目」
「負い目」を共有する立場から

第3章 母親を「餓死」させる「豊かな国」の福祉(札幌)
「母子世帯」をみる歪んだ目
暮らしを閉ざした末に
「役所はこわいところ」
売春を示唆する福祉事務所
「豊か」幻想のなかで子どもらは・・・

第4章 見えない老後-この国は恐ろしい国(広島)
「老後」どころではない
地方はもはや壊滅している

<対談 「買う福祉」を買える人々・買えない人々(久場嬉子氏と)>
家族が担う福祉と買う福祉
貧困の女性化
福祉に占める「公」の役割
貧困の再生産-母子家庭の場合
「弱者」に「弱者」を支えさす構造
老後にとって豊かさとは何か
福祉の民活路線は何をもたらすか

コメント

★在庫僅少のため品切れになる場合がございます(カバーに多少のキズ・色やけなどがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る