全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書124 昭和林業私史

人間選書124
わが棲みあとを訪ねて

書誌詳細情報

人間選書124

人間選書124 昭和林業私史

わが棲みあとを訪ねて

著者 宇江敏勝

定価 1,419円 (税込)

ISBNコード 9784540880346

発行日 1988/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 252頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

大戦前後から昭和50年まで、炭焼・造林労働者として紀の国を転々とした著者が、その棲み跡を再訪した木の国紀行。行間から昭和林業の盛衰、世相の推移、野生動物や自然との交歓があぶり絵のように浮かび上がる。

解説(詳細)

1章 われは炭焼きの子-大戦前後
1.わが出生の地(尾鷲)
2.石の炭、木の炭(志古)
3.炭焼きたちの戦争(四滝)
4.消えゆく焼き子(シブケ)
5.戦後の黄金時代(フカサコ)

2章 拡大造林の山で-昭和30年
1.炭窯と小屋をつくる(ナメ滝)
2.青年作業班の結成(平井郷)
3.義務教育免除地(道湯川)
4.夏の下草刈り(ウズラ谷)
5.高度経済成長のころ(西ン谷)

3章 最後の窯出し-昭和40年
1.安保闘争のあと(タケヤ谷)
2.共同山のてんまつ(渡谷)
3.炭焼学問(荒谷)
4.父の最期(隧道口)

4章 あしたの森林-昭和50年
1.植えた、飲んだ、読んだ(ナメラ谷)
2.中国生まれの広葉杉(滝谷口)
3.拡大造林の終わり(大石谷)
4.若木たちの冬(キリクチ谷)

コメント

★在庫僅少のため品切れになる場合がございます(カバーに多少のキズ・色やけなどがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る