全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書120 明治44年大正元年 生意気少年日記 ★通販のみ

人間選書120

書誌詳細情報

人間選書120

人間選書120 明治44年大正元年 生意気少年日記 ★通販のみ

著者 大西伍一

定価 1,620円 (税込)

ISBNコード 9784540870651

発行日 1987/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 248頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

畢生の大著『日本老農伝』の著者・大西伍一の14歳ごろ(明治天皇崩御、乃木大将の殉死の前後)の日記。兵庫県・龍野と中心とした当時の農村の諸相、村の学校の実態、若者達の行動など多方面にわたる資料として稀有。

解説(詳細)

<1>吾人は山中の太陽なり
1.吾人の快楽は文章にあり
2.ちと新しい空気を吸わしめねばならん
3.田野生活もたまには面白い
4.失望的の夢を見る

<2>厭世的の感、しばし激越す
1.暗黒的な詩的な絵がかきたくなった
2.松風と共に詩など吟じ気を晴らす
3.いろいろの本を買わねばならん

<3>社会学校入学
1.むつかしく、せちからき世の中なり
2.小さなラブの神が舞っている
3.宜しく都に出でて事をなすべし

<4>煩悶と出郷の思い
1.吾は将に一生の岐路に立てり
2.虚は去りたり
3.乃木大将の切腹

<5>労働のなかで
1.「リンコルン伝」を読む
2.奮闘の月、労働の月は来れり
3.今ここに安んべからず

コメント

★在庫僅少のため品切れになる場合がございます(カバーに多少のキズ・色やけなどがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る