全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書96 農業は農業である ★在庫僅少

人間選書 96
近代化論の策略

書誌詳細情報

人間選書 96

人間選書96 農業は農業である ★在庫僅少

近代化論の策略

著者 守田志郎
室田武 解説

定価 1,320円 (税込)

ISBNコード 9784540861321

発行日 1987/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 292頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「農業は産業である」と「農業にはこれこれの社会的役割がある」ということが強調されることによって農業はこわされてきた。故守田志郎の思想的転換点となった名著に室田武が解説を。

解説(詳細)

1章 水道管が文化を運ぶか<都市化「論」の危険性>
都市化にひそむ陰険さ
農村は遅れているという「常識」
農村と都市の生活原理のちがい
ドイツの村の朝
文化の量を比較する愚

2章 ロボット農業<農民の自己そう失>
蒲原平野の日曜百姓
指導員まかせとがんこ農民
指導は人と人の関係
教えるが考えるな-情報化のしくみ
ロボット農業と魅力ある農業
イングランドの農業「資本家」
日本のがんばり農民
デンマークのがんばり農民
みえない敵
情報化には篤農がじゃまになる
考える力を生かす

3章 品種は農民がきめればよい<画一化への疑問>
規格の統一は当然か
米のばあい
りんごのばあい
石けんと農産物はちがう
「みかんを選果機に合わせろ!」
ロンドンのサンドウィッチ
大小とりまぜて秤り売り
同じ大きさでは絵にならない
みんなが篤農になる

4章 自然を奪取する<工業の論理>
揺るがない緑のヨーロッパ
異国の田植
米の余らぬ国の「休耕」
人間にとっての自然
農業は自然を守るか
工業は自然を奪取する

5章 農業は農業である<農業の論理>
庄内の「作転金魚」
土佐の稲ワラ
自然のいとなみと人の働き
農業は工業にならない
トラクターのおとしあな
たとえ機械を総動員しても
うずらはうずら

6章 暮らしは農業の中に<農業企業化論の誤り>
生活と生産をきりはなせ?
御本尊のヨーロッパでは
ドイツの部落で
暮らしは農業の中に
「するはずだ」ばかりの農民層分解
農業は企業化しない

7章 田んぼを考えなおす<水田の絶対性>
版画は彫るのではなく、成る
米は作るのではなく、できる
田は田でしかないのか?
オランダのばあい
水と土と時の権力者

8章 土を軸に<多肥の百年>
あえて棄てた緑の農業
土のなかの石
ポット試験
犂耕ちがい
3センチと5センチ
多肥稲作という宿命
「耐肥性」のふしぎ
土は海綿と化す
多肥の百年、いきつくところ

9章 水をゆづるな<水利権の危機>
皮は土堤なのである
東京のラッシュアワーと蒲原の田植
バケツ一杯の水をも

10章 催眠術からの目覚め<拒む農業>
イギリスでの農薬問答
みんなが催眠術にかかっている
ドロくさいのがいけないなら何くさくなればいい?
糞畜のとまどい
「進歩と調和」がくせもの
機械化一貫体系という安易な道
人間から解放される?
拒む農業

コメント

★残り僅かのため品切れになる場合があります(カバーに多少のキズ・色やけがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る