全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

育種の原点

自然と科学技術シリーズ
バイテク時代に問う

書誌詳細情報

自然と科学技術シリーズ

育種の原点

バイテク時代に問う

著者 菅洋

定価 1,574円 (税込)

ISBNコード 9784540860904

発行日 1987/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 208頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

日本とメキシコの在来種に「品種とは何か」を尋ね、庄内の民間育種家の情熱と手法に育種の原点をさぐる。地域と農法から遊離した現代育種の盲点をつき、バイテクを問う。育種研究と綿密な調査にもとづく本格的品種論。

解説(詳細)

第1部 今、なぜ品種か
1.生活文化のなかの品種
2.メキシコ文明にみる食・栽培・品種
3.現代育種の盲点

第2部 育種の原点をさぐる−庄内地方の民間育種の軌跡
1.在来品種とは何か
2.適地適品種の追求
3.変異の拡大の試み
4.選抜の視点
5.根底にあった「品種の退化現象」
6.民間育種家の技術
7.官民協力の雛形

■関連書籍
「植物バイテクの実際」
「植物・微生物バイテク入門」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

山で稼ぐ!
小さい林業で稼ぐコツ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る