全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

長野の食事

日本の食生活全集20

書誌詳細情報

日本の食生活全集20

長野の食事

著者 向山雅重 他編

定価 2,983円 (税込)

ISBNコード 9784540860768

発行日 1986/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 384頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

十州に境を連ねる信州の山と川、四つの平の恵みを生かしきる女の技を収録。木曽のすんき漬、東信の野沢菜漬、中信の稲扱菜など、特徴ある野菜がいっぱい。海こそなけれよろず足らわぬことなき暮らしと食を聞書きする。

解説(詳細)

安曇平の食−白米飯で力をつけて、米づくりと養蚕に励む
木曽の食−新粉を使ったすんきそば、そばやきもちは木曽の味
伊那谷の食−家中に広がる五平もちのくるみ味噌の香り
諏訪盆地の食−諏訪湖と深くかかわり、厳冬の凍みを生かす
佐久平の食−水田で米をつくりながら、こい、ふなも飼う
善光寺平の食−粉ものを豊かに食べて農作業に精を出す
西山の食−太いもの、細いものと、小麦粉を工夫して食べる
奥信濃の食−長い冬の豪雪と闘い、山間の地に生きる
人の一生と食べもの
長野の食とその背景

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る