全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書76 地域をひらく ★通販のみ

人間選書 76
生きる場の構築

書誌詳細情報

人間選書 76

人間選書76 地域をひらく ★通販のみ

生きる場の構築

著者 花崎皋平

定価 1,296円 (税込)

ISBNコード 9784540850523

発行日 1985/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 200頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「地域を拓く」シンポジウム運動を各地の若者たちと精力的に行なっている著者の生き方としての地域運動論。地域を生きる場を労働回復の根拠地と位置づけ、その具体策を提示。

解説(詳細)

序章 「ニホン」をみつめ、時代をみつめ
アジアの旅から帰って
帰属感ない中流意識
切れ目なくつづく「家族-会社-国家」
虚妄な自己否定から無節操な自己肯定へ
どうでもよさそうなことに一線を引く
「自己肯定」の徹底と近代的エゴイズムののりこえ

第1章 生き方としての地域運動
1.1970年代日本の民衆闘争の概観
2.1980年代前半の地域民衆運動
3.展望-政治的な連合への努力とセミナー活動の推進

第2章 「地域をひらく」シンポジウム運動
1.交流をつむぎ出す
2.呼びかけ
3.「地域をひらく」たたかいとその交流運動<基調試案>
4.<基調試案>についての批判と討論

第3章 人民的主体の形成と認識の問題
1.認識の問題としての真の現実の発見
2.賭けとしての認識
3.状況を読む

第4章 とっさの死のあとに-北炭夕張ガス爆発事故のあとを訪ねて
1.ユーバリ遠近
2.遺族たちのおびえる姿
3.下請け組夫たち-被差別の下層
4.おわりに-事故から以後

第5章 三里塚空港反対闘争の対立と分岐について
1.私たちの運動の理念はどのようなものか
2.三里塚現地での「対立の本質をとらえるために-私たちの「訴え」の趣旨
3.三里塚現地での「対立の本質をとらえるために-路線・組織問題について
4.三里塚闘争の総括と方向をめぐる二つの論理
5.「一坪共有化」問題をめぐって
6.私たちにとって三里塚とは

コメント

★僅少につきご注文できない場合があります。(多少のキズ・色やけがございます、ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る