全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書35 市民社会と共同体 ★在庫僅少

人間選書

書誌詳細情報

人間選書

人間選書35 市民社会と共同体 ★在庫僅少

著者 根井康之

定価 990円 (税込)

ISBNコード 9784540790430

発行日 1979/12

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 224頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

ポスト近代を切り拓くためにマルクスの思想が有効であるとすれば如何なる意味においてであるか。マルクス思想の総体化の課題を背負いながら全共闘運動を闘った若い世代の思索の成熟を示す。

解説(詳細)

第1章 全体的共同体像確立のために
第1節 なぜ、既成共産主義社会像は空虚なのか
第2節 既成共同体像の恣意性・部分性の克服

第2章 前近代的共同体の解体と市民社会の成立
第1節 近代市民社会の論理的・歴史的進歩性
第2節 市民社会を幻想的に止揚する政治的国家

第3章 資本主義社会における階級対立とその止揚
第1節 労働過程における存在と意識の分裂
第2節 疎外された労働と自然哲学・経済学
第3節 人間の自己分裂の表現形態としての階級対立
第4節 労働者階級の存在と歴史的<当為>

第4章 資本主義社会批判と共同体像
第1節 マルクスの立場-自然主義=人間主義
第2節 現実の歴史と世界認識との相互的発展
第3節 「資本論」と世界認識の総体化の課題
第4節 土台-上部構造総体の変革と共同体

著者HP■「根井哲学講座 」  根井康之の哲学講義

コメント

★僅少につきご注文できない場合があります。(多少のキズ・色やけがございます、ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る