全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

日本農書全集5 農事遺書・他

日本農書全集(第I期)5

書誌詳細情報

日本農書全集(第I期)5

日本農書全集5 農事遺書・他

著者 鹿野小四郎
清水隆久 他解題

定価 4,937円 (税込)

ISBNコード 9784540780141

発行日 1978/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 410頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

近世中期、加賀藩の一農民が子孫に遺した農の記録『農事遺書』。ほかに北陸農書3点収録。

解説(詳細)

●「農事遺書」鹿野小四郎
宝永年間、加賀江沼郡の十村によってまとめられた農事万般と農民の身持ちのあり方についての遺言。自給的色彩の濃い北陸農業の原型が示される貴重な農書。(翻刻・現代語訳 清水隆久)

●「農隙所作村々寄帳」加賀藩改作御役所
元禄時代の越中、加賀地方の冬場の稼ぎ方が郡村別に述べられている。わら工芸、布さらし、紙すき、漁業、特産物など、山や海との関連が把えられる。(翻刻・現代語訳 米原寛)

●「耕作早指南種稽歌」伊藤正作
若狭の農学者で歌人である著者が、選種の重要さから、稲、麦の栽培法、農家の心得などを歌に詠んでまとめた書。(翻刻・現代語訳 藤野立恵)

●「農業蒙訓」伊藤正作
天保11年に著された焼土の法、害虫防除法、営農のあり方などの説かれた書。『農業全書』『農稼業事』など多くの農書から学んだことが若狭の地の風土に合わせて説明される。(翻刻・現代語訳 藤野立恵)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る