全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

人間選書2 人間の原点をここにみる ★在庫僅少

人間選書 2

書誌詳細情報

人間選書 2

人間選書2 人間の原点をここにみる ★在庫僅少

著者 農文協文化部

定価 1,028円 (税込)

ISBNコード 9784540770241

発行日 1977/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 203頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

自然と人間が調和して生きるとはどういうことか、岩手と徳島の山村を実地踏査。そこにあったものは、地域自然を暮らしに取り込む驚くべき英知と、限りなく人間的な精神の結合―失われつつある人間の原点であった。

解説(詳細)

序 なぜ人間の原点が問われるのか

T 有芸村(岩手県)での聞き書き
1 ハサとバッタのある村
2 食生活
3 衣生活
4 住生活
5 人のつながり
6 里畑
7 焼畑
8 養蚕
9 畜産
10 炭焼きと市日
11 キチさんの来た道
12 泰次郎さんと有芸

U 西祖谷山村(徳島県)での聞き書き
1 西祖谷山村の風土と生活
2 食生活と農業
3 年中行事とハレ食
4 衣生活
5 住生活
6 現金の意味
7 埋掘りと返し地
8 輪作と間作
9 山の利用
10 家畜
11 農具
12 働き方
13 助けあい

V 土地があり、そこに生きる
1 「劣等地」によりよく生きる
2 目的をもった労働
3 全体としての人間の交流
4 混食・雑食と健康・長寿

W 時代閉塞を切り拓くために
1 荒廃を招いた「近代化」
2 人間の回復を「農の論理」に求める
3 人間の原点をここにみる

コメント

★残り僅かのため品切れになる場合があります(カバーに多少のキズ・色やけがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る