全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

適産調要録・ほか

明治大正農政経済名著集

書誌詳細情報

明治大正農政経済名著集

適産調要録・ほか

著者 石川理紀之助
斎藤之男 解題

定価 3,086円 (税込)

ISBNコード 9784540760228

発行日 1976/11

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 300頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

石川理紀之助大正6(1917)年官の前田に対し民の側から地域づくりを説いたのが石川のこの書。地域の実態調査、営農・販売、地域づくりの計画、その経緯や結果が実践的にして論理的かつ平易に書かれている。

解説(詳細)

『適産調要録』
第一 目的
第二 実施の沿革
第三 都会の決議及手続
第四 適産調の方法及順序
第五 実地監査の土壌歩合及調査書類
『老農晩耕録』
上巻 九升田一年記
第一 緒言
第二 九升田の既往
第三 救済の計画
第四 事業の着手
第五 回復法の実施方針
第六 労働の良習慣
第七 節倹心の涵養
第八 衣食住と上げ法事
第九 風俗の改良
第十 雑録
中巻 九升田二、三年記
第一 緒言
第二 労働の結果
第三 節倹心の進歩
第四 風俗の改良発達
第五 雑記
下巻 講話集
第一 凶作地巡回に際し九升田民に対する講話
第二 或る青年諸氏に対する講話
第三 神奈川県より来れる九升田視察員に対する講話
第四 九升田経済会員に対する講話
第五から第八 下虻川経済会に於ける第一回から第四回講話
第九 馬鈴薯の栽培と水利に就いて講話
第十 婦人会員に対する講話
第十一 風俗改良と勤勉力行に就いて講話
第十二 八木沢青年団員に対する講話
第十三 新潟県農会に於ける講話
■著者 石川理紀之助について
石川理紀之助(弘化二年〜大正四年)は秋田の人。七一才の天寿を全うするまで、勤勉篤行・農村救済の道を歩み続け、老農として名声は高い。
 石川を敬慕崇敬する人々は、彼は単なる老農ではなくて天下の老農であり、その生涯は農家救済の天の声であるとし、また農村救済・社会教化の偉人、農聖であると嘆称する。しかし、他方、勤倹力行、経験的農法に立つ勧農殖産的活動は、零細農民経済の維持・補強をめざすものにほかならない、という見解も出されている。いずれの評価が正しいかをここで裁断することは必要でない。われわれにとって肝要なのは、近代日本農業の展開のなかで、石川が農業・農村・農民をいかに見つめ、それらにいかに働きかけていったかを、虚心になって自分で確かめることである。本書には石川の数多い著作のなかから、彼の歩みを窺わせるに足ると思われる記録を収載した。(本書 解題「著作にみる石川理紀之助」はじめより)
●関連書
飢饉を乗り切り、農業改善に心血を注ぐ理紀之助翁が師と仰いだ高橋正作の生涯を描いた力作
簗瀬均著『村守る、命かけても 聖農高橋正作 伝』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る