全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

イギリスのごはん

絵本 世界の食事

書誌詳細情報

絵本 世界の食事

イギリスのごはん

著者 銀城康子
萩原亜紀子

定価 2,700円 (税込)

ISBNコード 9784540091773

発行日 2009/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 AB判 32ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

大の紅茶好き、朝はミルクティーで目覚め、食後、休憩時と一日に何回も。オーブンで焼くまるごと料理やパイ料理が発達、伝統的なサンデーローストや行事食も。子どものときから厳しいマナーの国の日常食。

著者

■著者紹介
銀城康子(きんじょう やすこ):1956年青森県生まれ。管理栄養士。2年半フランスに滞在し、フランス在住日本人の食生活調査、フランス各地の日常食調査を行なう。帰国後も非常勤講師や執筆活動をしながら、世界各地の日常食調査を続けている。
萩原亜紀子(はぎわら あきこ):1976年熊本県生まれ。イラストレーター。

目次

1.朝は紅茶で目覚めます
2.いつもの朝ごはんは簡単です
3.昼ごはんはそれぞれに
4.晩ごはんと、夜食は軽く食べます
5.オーブン料理が特徴です
6.日曜日の昼ごはんは特別です
7.台所の様子を覗いてみると
8.一週間の料理です
9.お客さんをティーパーティーに招きます
10.インドのカレーはイギリスから日本に伝わりました
11.マナーには厳しいのです
12.季節の違いがあります
13.地方によって違った料理があります
14.イギリスのごはんをつくってみましょう(ジャケットポテト/ローストポークのアップルソース添え/アップルクランブル)
15.もう少しイギリスのごはんの話

解説(詳細)

■シリーズ
「世界の食事」シリーズ

■関連書籍
「世界の食文化17 イギリス」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る