全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

学校林の研究

書誌詳細情報

学校林の研究

著者 竹本太郎

定価 4,860円 (税込)

ISBNコード 9784540091131

発行日 2009/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 448ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

明治の学制以来、学校建築、愛郷・愛国、国土緑化、里山保全・環境教育、時代ととも役割を変えつつも百年以上にわたって変容・存続する学校林。その実態と共同関係を読み解き、地域の資源活用・教育創造の道を示す。

著者

■著者紹介
竹本 太郎(たけもと たろう) 1973年東京都生まれ。都立戸山高校・早稲田大学政治経済学部卒、東京大学大学院農学生命科学研究博士課程修了。高崎経済大学地域政策学部非常勤講師、東京大学大学院農学生命科学研究科林政学研究室特任助教。博士(農学)、森林インストラクター、NPO法人 自然楽楽倶楽部理事、コモンズ研究会関東支部世話人。

目次

序章 第三の道 学校林をめぐる共同関係の近代化

第1章 明治期における学校林の設置-自然村と行政村の狭間で-
第1節 本章の背景・目的と方法
第2節 学制公布による学田・学校林の萌芽
第3節 市制町村制(地方学事通則)による学校林設置
第4節 学校樹栽日による学校林設置
第5節 国有林野の貸し付け・払い下げによる学校林設置
第6節 日露戦争記念による学校林設置
第7節 地方改良事業による学校林設置
第8節 考察

第2章 大正期・昭和戦前期における学校林の変容-「愛郷」と「愛国」をつなぐ「愛林」-
第1節 本章の背景・目的と方法
第2節 大正デモクラシー期における学校林設置の衰退
第3節 昭和恐慌期における愛林日の開始と展開
第4節 国家総動員体制期における学校林造成
第5節 考察

第3章 昭和戦後期・現代における学校林の再編-残された「地区民の公共の福祉」-
第1節 本章の背景・目的と方法
第2節 国土復興に向けた「緑化」の定着
第3節 昭和の町村合併にともなう学校林の移動
第4節 戦後体制の転換と学校林の衰亡
第5節 現代における学校林施策の動向
第6節 考察

第4章 事例研究
第1節 熊本県南小国町のおける学校林の存続
第2節 佐賀県背振村における学校林の消滅
第3節 長野県上松町における学校林の展開

終章 「公共林野」第三の近代化の再発見に向けて

解説(詳細)

「林業再生 最後の挑戦」
「山林雑記・太山の左知」
「食農で教育再生」
「実証 食農体験という場の力」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る