全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

竹肥料農法 ★通販のみお取扱い

バイケミ農業の実際

書誌詳細情報

竹肥料農法 ★通販のみお取扱い

バイケミ農業の実際

著者 橋本清文
高木康之

定価 1,540円 (税込)

ISBNコード 9784540091124

発行日 2009/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 128ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

竹は豊富なデンプンが微生物のエサに、細胞が微生物の棲家にピッタリ。しかし、リグニンによる強固な繊維構造で微生物が取り付けない。そこで、繊維を磨り潰す「植繊機」で竹の分解を促進。竹肥料の表面施用でリン酸が効き、健全な根が伸び、生産物の甘味・旨味が増し、土壌病害が抑制される。水をやればやるほど糖度が上がるハウスミカン、酸味シッカリの高糖度サクランボ、紋羽病と腐乱病から復活したモモ園、食味値最高の米など、地域の厄介者「荒廃竹林」を極上肥料に変えるバイケミ農業のすべて。

著者

■著者紹介
橋本清文(はしもときよふみ)1926年、兵庫県明石市生まれ。42年より海軍少年飛行隊、第一・第二航空戦隊で従軍。終戦後、家業の農業を継承し、93年に潟oイケミ設立。2006年逝去。

高木康之(たかぎやすゆき)1937年、東京都新宿区生まれ。横浜国立大学卒後、60年から叶_戸製鋼所、95年から神鋼造機梶A2003年より同社バイケミ農業専任顧問。

目次

第1章 竹肥料の威力
1.古くて新しい「竹肥料」の効果
2.肥料として優れる竹の特長
3.肥料効果を高める「植繊機」
4.地域のやっかい者を有用な資源に

第2章 竹肥料の原理
1.肥料はすき込まずに表面施用
2.表面施用に働く自然エネルギー
3.強固な構造を持つ木質有機物の解繊
4.解繊有機物の表面施用による反応

第3章 製造と利用の実際
1.竹肥料の製造と利用の目安
2.バイケミ農業による栽培管理

第4章 農家の利用事例
1.リンゴで平均糖度16度、表土流失も止まった
2.最高糖度32.5度のサクランボで酸味ものる
3.水をやればやるほど糖度が上がるハウスミカン
4.ボカシ肥との併用でイチゴの根貼り、着果が改善
5.異常気象に強い稲作への挑戦で食味値90の活気地米

おわりに-橋本清文の農業人生

解説(詳細)

■関連書籍
「竹炭・竹酢液のつくり方と使い方」
「米ヌカを使いこなす」
「自然農薬のつくり方と使い方」
「木炭・竹炭大百貨」

コメント

★在庫僅少 残り僅かのため品切れになる場合があります(カバーに多少のキズ・色やけがございます。ご了承のほどよろしくお願いいたします。)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

毎日出版文化賞受賞!

洪水と水害をとらえなおす
洪水と水害をとらえなおす

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る