全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

徳山村に生きる

季節の記憶

書誌詳細情報

徳山村に生きる

季節の記憶

著者 大西暢夫 写真・文

定価 2,052円 (税込)

ISBNコード 9784540083044

発行日 2009/05

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5変 46ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

ダム建設のために移転した後も村に戻って生活する小西さん一家の、水没前の最後の一年の記録。根曲がり竹、キハダ、トチもちなど、四季の山の幸に生かされた暮らしの豊かさと失ったものの大きさを描く写真絵本。

解説(詳細)

徳山村の大部分がダムに沈む直前の2006年、移転地から山の恵みを求めて徳山村に通い続ける小西政治郎さん、かのさん一家の春夏秋冬の「食」の営みを追う写真絵本。著者はかつて徳山村のおばあさんから「塩さえあれば、家族全員を腹いっぱいにできる」という言葉を聞いた。それがどんな意味をもつのか、最初はわからなかったが、小西さんとつきあうことでだんだんその意味を理解していく。春の根曲がり竹、夏のキハダ、秋のトチの実、冬のイノシシなど、山の恵みを生かす生活の知恵と技の豊かさと、失われたものの大きさが伝わってくる。

■関連書籍
「VHSトチの実を食べる」
「野山の名人秘伝帳」
「山漁 渓流魚と人の自然誌」
「小国マタギ 共生の民俗知」
「実践の民俗学」

読者カード

●古き良き山里の文化、風習の数々が近現代の<文明の力学>の一端により消えていくのも、我々自身が求め、動かした<時代の趨勢>によるものは否めない。我々の中にあるおよそ<内在>する<文明の力学>への依拠と古来の山里の慣習と自然の維持との両立との間の欺瞞とどう向き合うのか。このことを本気で考える必要があると思った」(埼玉県・Y様)

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る