全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

沖縄 甘藷ものがたり ★在庫切れ

「サツマイモ」の伝来と普及のいきさつ

書誌詳細情報

沖縄 甘藷ものがたり ★在庫切れ

「サツマイモ」の伝来と普及のいきさつ

著者 金城鉄男

定価 1,296円 (税込)

ISBNコード 9784540082924

発行日 2009/06

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 四六 128ページ

在庫 なし

在庫切れのため、ただいまご注文いただくことができません。

この本のジャンル

解説

ふだん当たり前にサツマイモ、薩摩の芋と呼んでいるカンショだが、今日広く普及するに至った背景には、薩摩ならぬ琉球、沖縄の人々の数多の苦闘の歴史があった。知られざるカンショ導入のいきさつとその顛末を綴る。

著者

■著者紹介
金城鉄男(きんじょう かねお) 1949年、沖縄県国頭村生まれ。1976年、琉球大学農学部農学科卒。1978年から沖縄県農業試験場や県農業改良普及センターなどに勤務。この間、サトウキビやパイナップル、カンショなど育種や普及に従事し、多くの新品種の作出に関わる。2009年に退職。

目次

1.甘藷、琉球国へ伝来す
2.野国総官による甘藷の導入
3.薩摩の武力侵攻と甘藷普及の停滞
4.儀間真常、甘藷の価値を知る
5.真常による甘藷の本格的な普及と拡大
6.琉球国へのさらなる甘藷導入
7.琉球国に導入された甘藷の品種
8.甘藷の栽培技術
9.甘藷の名称と呼び名
10.甘藷の日本国内への移入と果たした役割

解説(詳細)

■関連書籍
「サツマイモの絵本」
「まるごと楽しむ サツマイモ百科」
「沖縄の食事」
「沖縄家庭料理入門」

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る