全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

作物にとってケイ酸とは何か

環境適応力を高める「有用元素」

書誌詳細情報

作物にとってケイ酸とは何か

環境適応力を高める「有用元素」

著者 高橋英一

定価 1,749円 (税込)

ISBNコード 9784540072277

発行日 2007/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 192ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

土に豊富に存在し、しかも過剰害が出ないケイ酸。作物の耐病虫害性を高めるそのユニークな働きが環境保全型農業の中で期待され、注目を集める。分子細胞レベルで進む最新研究の動向と、生物進化の中での役割を解説。

目次

序章 ケイ素という元素

<前編 農の場におけるケイ素>

<1>「ケイ酸質肥料」の誕生と多様化
1.日本でケイ酸が肥料になったわけ
2.ケイ酸供給の役割を果たしていたイナワラ堆肥
3.いろいろなケイ酸質肥料の登場
4.ケイ酸質肥料とイナワラ堆肥のちがい

<2>ケイ酸施肥はどこまで有効か
1.ケイ酸施肥の要否の目安
2.効果のみられる水田土壌
3.畑作物に対する効果
4.諸外国における事例
5.ケイ酸施肥の経済効果の試算

<3>ケイ酸地力を考える
1.窒素地力とケイ酸地力
2.ケイ酸地力の給源
3.ケイ酸地力の解放要因
4.水田におけるケイ酸の収支からみたケイ酸地力の変化

<後編 生物体(植物、動物、微生物)におけるケイ素>

<4>作物のケイ酸吸収態のしくみの探究
1.植物の元素組成は何を物語るか
2.ケイ酸植物の系譜をさぐる
3.水耕による研究-外堀を埋める努力
4.ケイ素の同族元素ゲルマニウムの利用
5.ケイ酸トランスポーターの発見
6.ケイ酸の輸送と沈積

<5>作物にとってケイ酸とは-植物栄養素としの位置づけ
1.ケイ酸がないと作物はどうなるか
2.ケイ酸の効果があらわれる条件

<6>ケイ素を集める生きものたち-生物進化とケイ素
1.生物がつくった岩石
2.生物の石灰化とケイ質化
3.魚の世界をささえるケイ藻とケイ酸
4.生物によるケイ素の再分配

<7>ケイ酸研究の昨日、今日、そして明日-あとがきにかえて

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

祝!全共宮城大会
和牛の飼い方 コツと裏ワザ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る