全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

妊娠・出産 どうしよう?

迷ったときの30のアドバイス

書誌詳細情報

妊娠・出産 どうしよう?

迷ったときの30のアドバイス

著者 竹内正人
やなか事務所

定価 1,234円 (税込)

ISBNコード 9784540062889

発行日 2007/01

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6判 192頁

在庫 あり

この本のジャンル

解説

これから妊娠を考えている人、産もうか産むまいか迷ってる人、子育て真っ最中の人など、それぞれのステージにいる女性たちからの疑問や不安に産婦人科医が丁寧にこたえる。こんな考えもあるんだな、と納得の本。

解説(詳細)

1章 産みたい、産みたくない
産みたい、産みたくないと悩んでしまうのはなぜ?
産みたい、産みたくないと迷っている人はどう踏ん切ればいいの?
「産みたい」、「産みたくない」と感じるのは、育ってきた環境とどう関係があるの?
「愛する男性の子どもを産みたい」という気持ちの真実は? 男性側はそれをどう思う?
「子はかすがい」になる?
夫はいなくても、あるいは夫になってくれなくてもいいから、子どもだけはほしいという気持ちの正体は?
こんな時代に子どもを産んでしまってはかわいそう?

2章 産めないかもしれない?
「子どもができないかも」と思うと、ますます子どもがほしくなっていくのはなぜ?
いったい、いつまで産めるの?
男性も「子どもができる体かどうか」は気になるの?
女性に生まれてきた以上、一度は生殖機能を使ってみようと思うのは本能みたいなもの? 男性もそう思う?
不妊治療を行うことで夫婦関係は変わっていく?
パートナーを愛しているのにセックスができないのは?
結局、迷ったまま時間切れを迎えるカップルは増える?
再婚カップルが、2回目の結婚で子どもを持つかどうか迷ったら?

3章 産む不安
出産って本当に痛いの?
出産場所が減っているけれど見つけられる?
もし、子どもに障害や病気があったら?
予定外の妊娠、望まぬ妊娠だった場合でもうまくやっていける?
流産・死産後の心の傷はどう癒やしたらいい?

4章 産んでから……
泣き声を聞いただけでおっぱいが出るって本当? 母とは特別な生き物なの?
「この子はかわいい」、「この子はかわいくない」という気持ちの違いはあるの?
赤ちゃんを泣かせていると、虐待していると思われないかと心配です。
発達障害などの不安も尽きない……。
何かあったときに母親の落ち度とされるのはまだ続く?
2人目、3人目を出産することの迷い

5章 子育てと家族
子どもとの関係でつらいこと、すばらしいこと
子どもの出現で夫婦関係は変わる?
子育ての手が離れたときに、自分の人生って何だったの! と思わないためには……。
年老いたときの親子のかたちはどうなる?
家族って何だろう?

付録 いのちのブログ
自分の気持ちを書いてみる
小さいから生きてゆける
赤ちゃん泣いたんです!
Q&A 18トリソミー
産科医が療育センターで仕事をするということ
診療所に助産師がなぜ集まらないのか?
14歳の妊娠……、まずは聞くことからはじめよう
------------------------------------------------
■著者
 竹内正人(たけうち・まさと)
学生時代より世界諸国を放浪してきた行動派産婦人科医。
日本医科大学卒業。米国留学、日本医科大学大学院を経て、葛飾赤十字産院勤務。産科部長として母子保健、周産期医療に力をそそぐ。同院退職後、老人介護の現場、JICA(国際協力機構)医療専門家として海外の母子医療にも携わるなど、国、地域をこえてのさまさまな取り組みに関わりながら、「わたしが感じた“生まれる"“生きる"」を積極的に社会へ向けて発信している。これまでに国内外で見守り、見送ってきた“いのち"は1万をこえる。2006年秋、東峯ヒューマナイズドケアセンターを開設。日本誕生学協会顧問。著書に「はじめて出会う育児の百科」「すべてがわかる妊娠と出産の本」 「ペアレンティングブック」他多数。
 やなか事務所
企画提案から編集、執筆、デザイン、装丁、データ作成までを一貫して行う制作者集団。料理・手芸などの実用書から、教育・社会問題を扱う書籍まで硬軟幅広く取り組んでいる。
------------------------------------------------
■編集者より
 出産は大きな決断のはずです。本当は、胸のうちをだれかに聞いてもらいたい、助言をしてもらいたいと思いながらも、身近に経験者がいなくなり、話しにくい雰囲気が形成されています。この本では、これから妊娠を考えている女性、子育て真っ最中女の性、子育てに一段落した女性、それぞれのステージにいる女性たちからの疑問や不安にわたしなりの考えを述べさせてもらいました。こんなふうな考えもあるんだな、と思っていただければうれしいです。
(「はじめに」より)
------------------------------------------------
■関連書
『私らしさで産む産まない』
『図解 タイミング妊娠法』
『シーラおばさんの 妊娠と出産の本』
『おなかの赤ちゃんを守って!』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る