全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

子どもたちの建築デザイン

人間選書264
学校・病院・まちづくり

書誌詳細情報

人間選書264

子どもたちの建築デザイン

学校・病院・まちづくり

著者 鈴木賢一

定価 2,006円 (税込)

ISBNコード 9784540062452

発行日 2006/07

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 262ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

子どもにとって優しい環境はなんらかの障害をもった人や高齢者にも優しい環境である。私たちを取り巻く生活環境を"子どもの視線"を借りて、まちづくり、学びの環境、癒しの環境という3つの切り口から見直す試み。

解説(詳細)

はじめに
1章 子どもとまちづくり
実寸と縮尺をつなぐ体験
参画のはしごを登る
夢を形にする住宅づくり
人の気持ちになる
まち歩きのすすめ
まちづくりへのアイドリング
商店街に仕掛ける
子どもの考える三〇年後の都心

2章 子どもと学びの環境
学校建築に込められたメッセージ
安心感のあるスモールスペース
自ら学ぶ環境
子どもを誘う教室の床
廊下が学校を変える
七〇年代のオープン・スクール
近未来の学校と環境
場所が生むユニークな学び舎
長く歴史を刻む学校
学校に変身する建物
学校の中の学校
多様な教室の姿
生きる力を学ぶ環境
遊びをせんとや生まれけむ
体験性の重視

3章 子どもと癒しの環境
まちの縁側「クニハウス」
多様性を認める社会
養護学校を変える力
子どもが見つめる病院環境
物語のある病棟
ようこそ小児外来へ
デザインの力
----------------------------------------------
■著者
 鈴木賢一(すずきけんいち)
名古屋市立大学教授(芸術工学研究科)
1957年愛知県生まれ。名大卒、工学博士、一級建築士。
公務のほか、子ども建築研究会、子ども健康フォーラム、なごやおやこセンター等の代表、理事など。 各地の学校建築計画、病院の環境デザイン、子どものための建築、まちづくりワークショップをフィールドにして子どもの学習、療養、遊びを支援する生活環境デザインの調査研究、提案活動をおこなっている。
 著書『まちづくりの極意』中日出版社、『アメリカの学校建築』ボイックス社、など。
------------------------------------------------
■編集者より
 現代の家庭生活のなかで身体感覚を通して学習する機会が極端に減っている。魚をさばくことも火を熾すこともしない。本当の日の出を見たことのない子、魚を触れない子が増えている。一方でテレビ、パソコン、ゲーム、擬似的世界は大きく広がっている。著者が本書で強調するのは「体感として環境を知ること」の重要さ。人の感覚はその人のインフラストラクチュアとして一生つきまとう。感覚の記憶=懐かしさを持てる子ども、鋭い感覚を持ち合わせる子どもになってほしいと願う立場からまちづくり、学校、病院や福祉施設のおかしなところ、ちぐはぐさなどを視察、探検、気づかせ、リニューアルの方向性や実際を一緒に学ぶ。  "I hear, I forget. I see, I remember. I do, I understand." (聞くだけでは忘れる、見ると憶える、でもやってみると分かる)子どもの生活環境を考えることは、ときに「子ども」という特殊性を超えて、生活環境デザインに関する本質的なテーマを追求する重要な機会を与えてくれる。
----------------------------------------------
■関連書
『子どもたちの秘密基地』
『探検教育で子どもが変わる』
『自然児を育てる』
『楽園のつらい日々』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る