全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

地域における教育と農

年報 村落社会研究42

書誌詳細情報

年報 村落社会研究42

地域における教育と農

著者 日本村落研究学会

定価 5,966円 (税込)

ISBNコード 9784540062445

発行日 2006/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 330ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

「教育は、学校教育と社会教育を含み、また農は、農業・農村・農民・農業の担い手を包含しているもの」と捉え、歴史的側面からの評価を含めて従前の自治公民館運動など地域における教育と農を多面的に考察する。

解説(詳細)

地域における教育と農
一 テーマセッションの基本的ねらい
二 近代の学校教育と村里の教育との矛盾
三 校区の国家的教化役割と農民の地域振興活動
四 農村における教育的視点からの戦前と戦後の断絶と
継承の問題
五 戦後の村での教育活動の特徴
六 現代の校区を中心とした新しい協同と住民自治によるコミュニティづくり
七 「地域における教育と農」の視野から日本教育史概観
【資料】農村・農業・農民教育の視点からの教育概略史

地域・家族の生活リズムと教育の普及
はじめに
一 学校教育の普及と多様な教育システムの形成
二 学校と家族を結ぶ
三 生活綴り方・文芸サークル・生活記録
四 学校教育と地域・家族
おわりに

農村における集落・自治公民館活動と地域づくり
はじめに
一 公民館の歴史的展開
二 自治公民館の地域的展開
三 朝日町の地域づくりの展開と社会教育
四 朝日町の地域特性と自治公民館活動
おわりに

独立行政法人農業者大学校廃止と地域における農業教育の役割
はじめに
一 農業教育におけるフォーマルとノンフォーマルな潮流
二 農者大教育の特色と学生の効果感
三 新教育、「国民高等学校」運動と農業教育
四 農者大と地域
おわりに

農文協の出版・文化活動における「食農教育」の取組みとその背景
一 地域に根ざした「食農教育」とは
二 「食農教育」への道
三 食農教育の広がりと今後の展開方向

山形県立庄内農業高等学校の戦後史
一 はじめに
二 山形県、庄内農業高等学校の戦後五〇年の変貌の経緯
三 庄内農業高等学校をとりまく時代状況の変貌の経緯
四 まとめ

農家後継者への「教育戦略」の転換と農業高校
一 はじめに
二 農家後継者はどのように「教育」されていくのか
三 「教育戦略」の転換
四 庄内農業高校の歴史と社会的条件の変化
五 おわりに

経済史における村落社会研究動向

農業経済学の研究動向
一 はじめに
二 新しい食料・農業・農村基本計画について
三 日本農業の特質と望まれる展開方向
四 オルタナティブな動き

社会学・農村社会学の研究動向
はじめに
一 テーマセッションと農村社会論
二 環境と地域の再生・振興
三 食と農、都市と農村
四 農村家族とジェンダー
五 海外・比較社会論
むすびにかえて

地理学の研究動向
はじめに
一 国土空間のなかの農山村
二 ポスト生産主義とグリーン・ツーリズム
三 農業地理学と持続可能性
四 地域社会の問題とGIS
五 景観史と地域システム論
六 文化生態学と複合生業論
七 空間認識と社会的表象
おわりに

■著者
神田嘉延(鹿児島大学生涯学習研究センター)、大門正克(横浜国立大学経済学部)、千葉悦子(福島大学行政社会学部)、稲泉博己(東京農業大学国際食料情報学部)、清水悟(農山漁村文化協会文化部)、牧野修也(埼玉医科大学短大)、保木本利行(山形大学農学部)等 

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

カリスマ店長の本!
ドクター古藤(コトー)の家庭菜園診療所

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る