全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

伝承写真館日本の食文化全12巻

伝承写真館 日本の食文化

書誌詳細情報

伝承写真館 日本の食文化

伝承写真館日本の食文化全12巻

著者 農文協

定価 17,691円 (税込)

ISBNコード 9784540062230

発行日 2006/07

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5

在庫 あり

この本のジャンル

解説

同じ県でも地域によって変化を見せる「食」。
 雑穀や山菜を生かす山間部。
 米・もちをさまざまに食べる水田地帯。
 うどんやまんじゅうの技が光る畑作地帯。
 新鮮な海の幸に支えられる沿岸部。
 ……というように、その地で生きてきた先人の知恵と工夫の結晶が、それぞれの地域の食文化です。それは作り手の顔が見える食材で、家族や村人とともに心をこめて作られた料理であり、旬のものをおいしく食べることと一年を通じて健康に食べるための加工や保存の知恵とが無理なく組み合わされた、まさに「文化」でした。

 この本は郷土料理の写真集ではありません。自分で耕し、自分で食事を作り出していた全国のおばあさん、おじいさんたちの暮らしを「食」を通じて思い出す写真館です。

★一つの県を5〜7の特徴ある地域に分け、昭和初期に台所に立っていた古老5000人を全国に訪ねて当時の食生活を聞き書き。当時の食事や保存食づくり、農作業や季節の行事を再現してもらいました。

★地域の自然を生かした食生活は、それぞれに個性的でどれもが「この味こそがいちばん」の味。ふるさとのおいしさを受け継いでいくための最適の入門書! 近隣の県と較べることで、意外な違いや共通性が浮き彫りに。

★各県の自然と風土、産業と歴史など、それぞれの個性を作り出してきた食の背景も詳しく解説。

★長部日出雄(青森)、浜美枝(神奈川)、辰巳芳子(石川)、田原総一朗(滋賀)、津本陽(和歌山)、司葉子(鳥取)、はらたいら(高知)、森崎和江(福岡)ら各県にゆかりの深い著名人による、ふるさとの食事に寄せる思いも収録。

*本書は「日本の食生活全集」全50巻の口絵・本文・月報などの一部を再編成したダイジェスト版です。日本人の食文化の原点を網羅した聞き書きの全容をお読みになりたい方には「日本の食生活全集」と併せてのご利用をおすすめします

解説(詳細)

@北海道・東北1(北海道、アイヌ、青森、岩手、秋田)
A東北2(宮城、山形、福島)
B北関東(茨城、栃木、群馬)
C首都圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)
D甲信越(新潟、山梨、長野)
E北陸(富山、石川、福井)
F東海(岐阜、静岡、愛知、三重)
G近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)
H中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口)
I四国(徳島、香川、愛媛、高知)
J九州1(福岡、佐賀、長崎、熊本)
K九州2・沖縄(大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

今日の一押し本

朝日新聞6/11書評掲載!
世界の田園回帰

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る