全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

大雪山のふもとから

ルーラルブックス
ある山村の四季と暮らし

書誌詳細情報

ルーラルブックス

大雪山のふもとから

ある山村の四季と暮らし

著者 白滝地区林産協同組合

定価 1,234円 (税込)

ISBNコード 9784540061820

発行日 2006/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B6 146ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

北海道白滝村の明治後期から昭和30年代までの農林業と暮らしの様子。生活共同体における互助の精神、自然を生かし自然に生かされてきた暮らしと労働の、凛とした清々しさ。小学生の目線で綴る凛としたもう一つの日本

解説(詳細)

白滝村の春/白滝村の夏/白滝村の秋/白滝村の冬

-------------------------------------------------
■著者
編者・渡辺 崇彦(わたなべ たかひこ)
1944年、韓国ソウル生まれ。北海道大学農学部林学科卒業。白滝地区林産協同組合を経て、1981年、日本データーサービス(株)設立入社。1985年から同社代表取締役。2003年、白滝地区の再生を目指し、白滝地区林産協同組合理事長に就任。
------------------------------------------------
■編集者より
 北海道紋別郡白滝村(現、遠軽町)の明治後期から昭和30年代までの農林業、暮らし、祭り、子どもたち、などを地域の古老、中高年に聞き書きし、抑制した、静謐な文章で綴る。生活共同体における互助の精神、自然を生かし自然に生かされてきた暮らしと労働が厳しくもなつかしく、美しい。 
古老に聞いた話を小学生の子が語る、という形式をとってるので、読みやすい。
------------------------------------------------
■関連書
『大雪山の森番』
『絵本 森と人間 全10巻』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る