全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

ルミノロジーの基礎と応用

高泌乳牛の栄養生理と疾病対策

書誌詳細情報

ルミノロジーの基礎と応用

高泌乳牛の栄養生理と疾病対策

著者 小原嘉昭

定価 4,715円 (税込)

ISBNコード 9784540061400

発行日 2006/09

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5上製 301ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

乳牛のルーメンを中心とした基礎研究・応用研究・家畜臨床の知見を統合、代謝障害、周産期疾病、乳房炎、高品質牛乳生産、畜産環境問題等の対策を明らかにし、今後の日本酪農・畜産の方向を示す最新・反芻動物生理学

解説(詳細)

緒論 乳牛の代謝・泌乳特性の解明と酪農技術への応用
第1章 ルーメンの世界と乳生産のルミノロジー
第2章 ルミノロジーとウシの栄養・飼養
第3章 栄養生理の解明と新たなアプローチ
第4章 内分泌制御の解明と新たなアプローチ
第5章 泌乳生理の解明と新たなアプローチ
第6章 反芻家畜の消火器疾病と代謝障害
第7章 臨床からみたルミノロジー
第8章 乳牛の周産期疾病の予防
第9章 乳房炎への新たなアプローチ

--------------------------------------------------
■著者
編著者 小原嘉昭(前東北大学大学院農学研究科教授,明治飼糧研究顧問)
執筆者 板橋久雄(前東京農工大学農学部)、大蔵 聡(農業生物資源研究所)、岡村裕昭(農業生物資源研究所)、加藤和雄(東北大学大学院農学研究科)、佐藤 繁(宮城県農業共済連県南家畜診療センター)、高橋秀之(動物衛生研究所)、寺田文典(畜産草地研究所)、内藤善久(岩手大学農学部)、元井葭子(農業生物資源研究所)
------------------------------------------------
■編集者より
ウシやヤギをはじめとする反芻動物の第一胃<ルーメン>の機能や栄養生理についての科学や技術(ルミノロジー)の分野は,1960年代に東北大学の梅津元昌教授によって確立されて以来,同大学動物生理科学教室を拠点として幾多の研究が取り組まれ進化を続けている。その成果は梅津元昌編『乳牛の科学』1966年をはじめとして、津田恒之監修『新乳牛の科学』1987年、佐々木康之監修『反芻動物の栄養生理学』1998年の一連の書にまとめられ、反芻動物の栄養生理研究や乳牛の飼養改善などに大きく貢献してきた。本書は、これらに続く第4弾であり、反芻動物についての栄養生理学の基礎研究をウシの飼養現場で役立てることを主眼として、おもに『反芻動物の栄養生理学』以降の研究成果が集大成されている。とくに、これまでの一連の書以上に応用研究・家畜臨床の知見を重視し、近年の重要課題になっている高泌乳牛の飼養管理・疾病対策に力点がおかれている。それは、梅津教授が提唱されていた「研究テーマは農家の庭先から探せ」という研究姿勢を継承し、現代の畜産現場の課題に応えようとするものにほかならない。
------------------------------------------------
■関連書
『反芻動物の栄養生理学』
『新ルーメンの世界』
『生産獣医療システム 乳牛編1』
『生産獣医療システム 乳牛編3』
『生産獣医療システム 肉牛編』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

農文協ブックレット21
新型コロナ 19氏の意見

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る