全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

改訂 ウメの作業便利帳

結実安定と樹の衰弱を防ぐ

書誌詳細情報

改訂 ウメの作業便利帳

結実安定と樹の衰弱を防ぐ

著者 谷口充

定価 1,728円 (税込)

ISBNコード 9784540053221

発行日 2006/03

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 A5 172ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

完全交配種子による結実率の高い実生台木苗や取木苗の育成方法から、2本主枝を基本にした整枝せん定、施肥、病害虫防除など、低収量樹をなくす作業改善ポイントを詳述。肥効調節型肥料の利用、ウイルス対策も紹介。

平成十五年三月に改正農薬取締法が施行されたのに続いて、平成十八年五月末からポジティブリスト制(農薬残留農産物の流通禁止と作物別基準値設定)が実施される。一層、残留基準値がきびしくなり、付近園地への農薬飛散(ドリフト)にも細心の注意が必要になる。食品衛生法による基準値をクリアできる防除体系の確立が義務付けられるだけてなく、果実を丸ごと利用するだけに農薬残留のないウメづくりが求められる。安全性の面から登録農薬が大幅に変っており、本書では最新の登録情報をもとに、私の栽培・防除経験を加味しながら防除暦を前面的に組みなおした。作業では、樹勢の衰弱対策、ナギナタガヤ利用の樹勢・開花調節や微量要素の補給、施肥量の見直しと肥効調節型肥料の利用、温暖化による生長と生理の乱れへの対応、ウイルス対策などを中心に改訂した。
栽培のポイントがわかりやすいと評判の本の改訂版。農薬、施肥、温暖化対策など最新情報を盛込む

解説(詳細)

第1章 低収量園はなくせる
1.低収量の原因は技術以前に
2.低収量樹をなくす実生台木苗づくり
3.緑枝取り木で自根苗を育成
4.結実向上、安定化への技術改善のポイント

第2章 収穫後から自発休眠期(十月)までの作業
1.この時期の生育と作業のポイント
2.礼肥(基肥)は早めに
3.樹勢回復の手だて
4.強樹勢樹は水をひかえて充実をはかる
5.収穫後から自発休眠期の病害虫防除
6.夏は土つくりのチャンス
7.土壌phはこの時期にも調整
8.強樹勢樹は夏季せん定で落ち着かせる
9.花肥(追肥)は弱樹勢樹から
10.牧草を繁茂させ開花期を遅らせる
11.受粉枝の高接ぎで結実力を高める

第3章 自発休眠期(十一月)から開花期までの作業
1.この時期の生育と作業のポイント
2.深耕は早めに
3.この時期の灌水は、開花・結実を左右
4.落葉期から落葉直後の病害虫防除
5.吸収しやすい水溶性石灰を二月上旬までに施す
6.ヤニ果、シコリ果を防ぐ

第4章 整枝・せん定
1.せん定の時期を間違わない
2.二本主枝仕立てが理想的
3.結果習性、枝の伸び方とせん定の基本
4.品種のタイプにあわせたせん定が必要
5.合理的なせん定のすすめ方
6.新植からの仕立て方とせん定

第5章 開花期から結実期の作業
1.この時期の生育と作業のポイント
2.確実に受粉させる
3.結実不良樹の判断
4.この時期の病害虫防除
5.凍霜害対策

第6章 幼果期から新梢伸長期の作業
1.この時期の生育と作業のポイント
2.実肥は樹勢と結実量で施用
3.発育枝の処理
4.大切な雑草対策
5.幼果期から収穫期の病害虫防除

第7章 収穫期の作業
1.この時期の生育と作業のポイント
2.収穫適期の判定
3.漬け梅の能率的な収穫法
4.収穫果の取扱い

第8章 新植、改植
1.新植地の土つくり
2.植付け

第9章 注意したい気象の温暖化とウイルス対策
1.生殖生長と栄養生長がアンバランスに
2.対策の第一はウメつくりの基本に徹すること
3.スモモ系台木や品種の育成が課題
4.ウイルス感染にも温暖化が影響

----------------------------------------------
■著者
谷口 充(たにぐち みつる)
1942年和歌山県生まれ。1963年4月和歌山県立吉備高等学校勤務。1975年から1979年3月まで同南部高等学校勤務。1979年から果樹経営、現在に至る。
------------------------------------------------
■編集者より
 結実のよい実生台木苗や、自根苗づくり、結実を安定させる整枝・せん定や栽培管理について、家庭果樹の方にも役立つようにまとめたのが本書の初版。生理落果を助長させたり、作業のポイントがつかめず収量が低下するなど、その原因や対策がよくわかると多くの方に活用していただいた。
その後、農薬取締法が改正、栽培技術面での改善の進展、近年目立っているウイルスの感染などの問題を盛り込んで改訂したのが本書。最新の登録情報をもとに、著者の栽培・防除経験を加味した防除暦の全面的な組みなおし、樹勢の衰弱対策、ナギナタガヤ利用の樹勢・開花調節や微量要素の補給、施肥量の見直しと肥効調節型肥料の利用、温暖化による生長と生理の乱れへの対応、ウイルス対策などを中心に改訂している。
------------------------------------------------
■関連書
『果樹園芸大百科 ウメ』
『〈大判〉図解 最新果樹のせん定』
『農学基礎セミナー 新版 果樹栽培の基礎』
『原色 果樹病害虫百科 第2版 モモ・ウメ・スモモ・アンズ・クリ』
『新版・原色 果樹の病害虫診断』

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うたかま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る