全国送料一律400円(税込)会員は送料無料!

田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会田舎の本屋さん 農文協漁村文化協会農業・食文化・教育・生活の書籍専門店

全国どこでも送料400円(税込)

田舎の本屋さん会員は送料無料!

商品点数:
0点
小計:
0円(税込)
買い物かご →

書誌詳細情報書誌詳細情報

写真集 山古志村 ★在庫僅少

宮本常一と見た昭和46(1971年)の暮らし

書誌詳細情報

写真集 山古志村 ★在庫僅少

宮本常一と見た昭和46(1971年)の暮らし

著者 須藤功

定価 3,666円 (税込)

ISBNコード 9784540052521

発行日 2005/10

出版 農山漁村文化協会(農文協)

判型/頁数 B5 160ページ

在庫 あり

この本のジャンル

解説

雪に閉ざされた冬の暮らしや春の山菜採り、錦鯉の養殖、出稼ぎ、盆踊り、小学校の演劇、偶然に出合った葬式や結婚式など、美しくも厳しい山河とともに皆が助け合って暮らしていた、山国の春夏秋冬の写真生活誌。

昭和46年、山古志村梶金集落を拠点に一年間、村の春夏秋冬の暮らしを追った。雪に閉ざされた冬の暮らしや春の山菜採り、錦鯉の養殖、出稼ぎ、小学校の演劇、運動会、そして偶然にで合った葬式や結婚式、離村する人など、その一部始終を記録した。平成16年10月23日の中越地震と翌年の長岡市との合併と、村は大きく変貌してしまった。多くの家屋や田畑が流出し、我が家のアルバムをも喪失した方が多い。山古志の復興を願い、本書は全戸に寄贈される。温かなまなざしで撮られた暮らしの写真は、貴重な山村文化の記録写真でもある。

目次

序:心やさしい人々が住む古志の村
山古志村の一年
秋から長い冬へ
浩司君の正月
小正月と十二様
思いもかけぬ葬式
雪とけて若芽吹く
祝いの重なる春
村に暮らす人々
元気な子どもたち
めぐりくる秋の日
再生する山古志

同じジャンルの本をさがす同じジャンルの本をさがす

今日の一押し本

白崎さんの新刊発売!
白崎裕子の料理とおやつ

個人も法人の方も FAX注文書はこちら

ジャンルで検索ジャンルで検索

  • 現代農業
  • うかたま
  • 農文協の広告で紹介した本
  • 農文協取れたて便
  • 農文協 園芸部ブログ 屋上菜園日記

店舗情報店舗情報

店舗情報

農文協直営・農業書専門店 農業書センター

農文協直営・農業書専門店農業書センター

日本で唯一の農業書専門の書店です。

→ 公式サイトを見る 公式サイトを見る